子連れでも、世界一周旅行がしたい

旅に行けば、きっと誰でも成長する。世界を旅行するすべての方へ。See A whole new world.

旅~travel~

タンザニア子連れ日記~ストーンシティ~

投稿日:

タンザニア子連れ日記最終編。

タンザニアのザンジバルに宿泊したのは、The fruit & spice wellnessというホテルでしたが、ザンジバル滞在の最終日は、このホテルを離れて島の中心部にある、ストーンタウンへと移動しました。そこで1泊したのでご紹介してみます。

 

おすすめは特に、夜の屋台です!!!

 



ストーンタウンとは?

ストーンタウンは、空港からも近く、多くの観光客が訪れる街。約1000年も前からアラブの商人たちが定住し、大航海時代にはそれがそのままポルトガルに取られ、最終的に支配者を変えながらイギリスに統治されていた、古くから交易の拠点となっていた歴史のある島です。そういった歴史的な経緯から、非常に古い街並みが残されており、ヨーロッパとアラビアの融合した面影が残っており、世界遺産にも登録されています。

 

 

 

港町という感じで、海に古い街並みが続いています。アフリカというよりは植民地時代の中南米やアラビアの面影がちゃんと残っています。旅人としてはかなり興奮しました!かなり古い建物が並んでいて、築数百年のものもあるようです。

このストーンタウンから3㎞程沖合にPrison Islandがあります。詳しくはこちらどうぞ。

200歳のゾウガメに会ってきた~ザンジバル子連れ日記~

 

そして実際に宿泊したホテルです。Mizingani Seafront Hotelという、海沿いにある古い建物のホテルでした。とても古く、4階建てくらいだったけどエレベーターもありません・・・。でも昔ながらの趣きがあって、旅人の我々夫婦にはとても良かったです♪

 

 

お部屋のベランダからの景色です。デザインも異国情緒あふれる感じで素敵です!ホテルでは一応プールもありましたが、ストーンタウンの散策が目的だった我々にとっては特に魅力はなく、入りませんでした。

 

街には素敵なお土産屋さんがたくさんあります!ぜひいろんな土産屋巡りしてみてください!非常にこじんまりしていますので、すべて見て周るのにそんなに時間はかかりません。

 

 

アラビアの雰囲気のある宝箱。ちょっと大きいけど素敵なデザインで息子が気に入っておりました(*’ω’*)

 

そしてイギリスが誇る世界的なロックバンド、QUEENのボーカルであったフレディ・マーキュリーの生家といわれる建物が残っています。

現在はホテルになっているようで、ここは宿泊できるそうです。ただし、ここが本当にフレディ・マーキュリーの生家かどうかはなんとわかっていないらしいです!勝手に言ってるんかい。大丈夫かそれ?



夜の屋台村がすごく楽しい!

ザンジバル・ストーンタウンでは、夜に屋台がたくさんでるといううれしく楽しいイベントがあります!よくわかりませんが毎日やっているのかな?港近くにあるフォロダニ公園というところにたくさんの屋台が出てきます。

値段は高めであること、値切り(価格交渉)が必須であることはありますが、地元の方も利用していてお祭り気分が味わえます!

 

大量にのっているこの材料たちから、欲しい食材を選んでそれを伝えると、すぐに後ろで焼いてくれます。

 

 

屋台によって多少の違いはありますが、それよりも値段が本当に適当。なので地元の人も良く集まっているようなところへ行くようにして、値段も交渉しました。謎の料金表みたいのあるけど、それはかなり高い。まあぼったくりのような値段で、何も言わなくても値段は下がっていきます・・・。

 

 

なお、写真だけではわからないかと思いますが、客引きがすごいです。ちなみにフライドポテトはほぼタダ同然までさがりますのでサービスだと思ったほうが良いです。私たちが食べたものでおすすめだったのは意外にもお肉です。海鮮系は高いわりにそこまでおいしくはない上に、塩とかかけすぎ・・・。スパイスは良いのですが、味が濃かったです。あとおすすめはサモサ!

 

客引きをよけながらどのお店がいいか、選んでいきます。子連れにはこの人混みはきついので、迷わないように気を付けてください!

ちなみにスリなどの危険な感じはしませんでしたが、最低限の注意は必ずしましょう。

 

 

ケバブもありました。アラビアの香りがこういうところでもありますね。

 

全体的に海鮮ものは高め、肉は安めですが、ものによるのでよく値段を聞いたり複数の店舗で値段を確認するほうが良いです!店によっても値段結構違いました・・・。エビとかは言い値1000円以上します・・・w

水や飲み物もぼったくりなんですが、公園から少し離れた近くのスタンドではお水1.5Lが500タンザニアシリングくらいで売っているのでそれを飲んですごしてました。なお、基本て屋台なのでそこらへんで座って食べていました。

 

食事を終えたらホテルに戻って寝て、ストーンタウンの1日を終えました。ほとんど散策とお土産探しが主体でした。なんとなくの街歩き・探索にぴったりの場所で、海もそばであるためきれいであるし、危険もほぼ感じませんので、お子さんを連れての街歩きも楽しめると思います!また、そこら中にカフェやレストランもあるので、休憩もできます。

 

アイスクリーム屋さんもありました。なんとなくふらっと歩いている時に見つけ、おいしそうだったので入ったのですが、Tamu Italian Ice Creamとかいうガイドブックにも載っているような観光客が集まるお店だったようです!

アイスクリームを待つ娘。暑くてへばってたので、アイスクリームは格別だった様子笑。

 

 

インスタもまとめてありますので、ご興味持ってくださったら是非見ていってください。

 

結局1週間素敵な時間をザンジバルで過ごさせてもらいました。このあと、ザンジバルを離れ、我々家族はナイロビを経由し、夢の街 ドバイ へと旅立ちました。ナイロビでの様子とドバイでの豪華な!?旅の様子もつづっていきたいと思います。

アフリカ篇、ようやくほぼ終わりです。

 

ポチお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村

-旅~travel~
-, , , ,

執筆者:


  1. […] タンザニア子連れ日記~ストーンシティ~ […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

世界一周のために必要なこと⑤情報収集

とにもかくにも「どこの国に行ってみたいか」「どんな地域を見てみたいか」「どんな人々の文化に触れたいか」など、ある程度知識を身につけておかないと、旅のプランを立てられないどころか素晴らしい場所を知らない …

旅人医師の旅育「3ステップ」とは~m3連載14回目~

5月から始めた連載が14回目になりました。正直、旅だけの話は経験談を多く語ることはできても、このような短い文章の中でその良さやすばらしさを伝えるのは難しく感じている今日この頃です。 今回は、旅の教育に …

アフリカに子連れでいくことにした⑤~現地ツアー会社にお願いしてみた~

はてさてルートも場所も決まりました。UAE・ケニア・タンザニア周遊旅行。子供たちの夏休みも考えてなんとなく日程も決めました。なのでホテルを選んだり、飛行機の時間などの具体的なものも決めていこうというこ …

世界の絶景③ 世界遺産 サナア旧市街

アラビア半島の南側に位置する、イスラム教の国であり、非常に古くから交易で栄えた地域として長い歴史を持つのがイエメンです。世界的にその名を知られているモカコーヒーの「モカ」は、実はイエメンの港町の名前か …

マサイマラにサファリしに行ってきました①

まずは日記のような形で記録していこうかなと思います。家族旅行の一部始終をお届けするつもりはありませんが、自分が読者だったら知りたいことはまとめていきたいと思います。お金のこと、ホテルのことなど、旅に必 …

 




 

 旅人、元バックパッカー。内科医。18歳の時に約10か月ほどかけて世界一周を経験。西回りに世界を駆け巡り、その後も休みがあれば旅を続け、今まで訪れた国はだいたい60か国くらい。旅で出会った日本人女性と結婚し、妻と子供2人の4人家族。

今まで1人旅・カップル旅を経て、家族旅行するようになっても世界中のどこへでも行く旅好き家族に。

「子供がいるからそこへは行けない」ということがないわけではないけれど、子供たちのためにも、子供たちのためになるのであれば、どこへでも行きたい、世界一周旅行でも行きたいと妄想し続けるアラフォー。まずの目標は「50歳でもう一度妻と世界一周する」。

夢は、世界のすべてをこの目でみること・世界の広さや美しさを子供に、そして世界に広めること。

今の充実した生活の原点を作り出したのが自分にとっては旅だった。見るものすべてが新しかったあの旅の感動は忘れられない。

 

2020年末をめどにアジア某国に家族で移住予定。旅の話とともに、移住の話もお伝えしていこうと思います。

子連れ旅行のことを中心に、役に立てたらうれしくおもいます。

 

Instagram:アイジュ




2020年10月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031