子連れでも、世界一周旅行がしたい

旅に行けば、きっと誰でも成長する。世界を旅行するすべての方へ。See A whole new world.

旅~travel~

世界一周のために必要なこと⑦持ち物~旅の七つ道具~

投稿日:

世界中を旅するにあたって、みなさん何を持っていきますか?

必ずこれは持っていく!と決めているものもあるでしょう。あるいはこれは持っていかない・・・というものも。個人的に必ず持っていくものは以下のものです。世界一周していたころにももっていっていました。

 

1.クレジットカード

世界中渡り歩くのに、たとえ貧乏旅行者でもクレジットカードがなくては話にならないと思います。クレジットカード1枚あれば基本的にはキャッシングもできますし、キャッシュカードはいりませんでした。今はどうなのかあまりわかりませんが、昔は世界中どこでも使えるCiti Bankのキャッシュカードなどの手数料が高く、むしろ現地のATMを利用したキャッシングのほうが手数料が安いということがありました。今はだいぶ状況が変わっているのでしょうか・・・。今度個人的にも調べてみたいと思います。

 

2.病気のガイドブック

私自身内科医で、実は日本旅行学会という旅に関する病気をまとめた学会の認定医であったりします。今度、私なりの旅における病気をテーマに記事を書きたいと思っていますが、いずれにせよ長期旅行するのであれば、必ず病気に関する本は持っていくべきだと思います。万が一ということがありますので・・・また、地域によってはマラリアに関する知識や必要な予防接種などが多く必要になってきます。自分の命にかかわることですので、病気に関する認識はきちんと真剣に捕らえておくようにしましょう。

具体的にどんな本持って行ったらいいかとか、旅の病気に関する話は近いうちに書きたいと思ってます。

 

3.ガムテープ(布テープ)

意外かもしれませんがなんでもはっつけたりできるので私はどんなところにいく場合でも必ずもっていきます。とくにバックパッカーの皆さんは持っているととてもいいことが起こりますよ♪なんにでも貼り付けて、簡単な修理とかにも使えます。本当に便利でした。

 

4.南京錠

もちろん南京錠のようなロックのかかる鍵でいいわけですが。なかなかカバンに付けようと考える方は少ないかもしれないですね。しかし、カバンを守るためのかなり有効な手段であり、100円ショップなどで売ってる簡単なものでも威嚇することになるので、しっかり防犯対策として付けておくことをオススメします。重要なのは「俺ちゃんと守ってるんだ」「私の荷物は持っていても鍵がかかってるのよ!」というアピールです。アピールをすることはものすごく大事だと思います。

 

5.生理用品

私は男ですが、バックパッカーの旅仲間である妻曰く

「必ず生理用品は日本製に限る! 女性の方は必ずもって行きましょう!!日本の生理用品は世界最高です!」

だそうです。おそるべきじゃぱにーず医薬品。
とくに長い旅になる方は忘れないようにしましょう。もちろん忘れてしまってもどこに行っても薬局に行けば買えますのでご安心を。んでも使い勝手は悪いらしい。女性の方で生理痛が強い方などは、せっかくの旅行が台無しになってしまうのも嫌でしょうし、それなりの対策(生理痛に対する鎮痛薬を持っていく、生理をずらすために低用量ピルを内服検討するなど)をされている方もいるようですね。

 

6.トイレットペーパー

個人的な意見ですが、日本のトイレットペーパーを必ず持っていくことは、特に発展途上国を訪れる場合は必要性が高いと思います。できればエリエールなどのように柔らかい、日本製品らしいものがいいのかな・・・。

世界中のトイレは本当にいろいろ違います。それこそトイレだけで書物が書けるくらい。今度記事で書いてもいいくらいです。だからこそ、せめて紙だけは!紙だけは!日本のものを使いたい!!!・・・って完全な主観ですみません笑。

でも事実役に立ちます。ちょっとしたティッシュ代わりにもなりますしね。

 

 

んで最後は私が世界一周したころにはなかったものですが最強に便利でしょう。

7.スマートフォン

私は以前、パソコン+カメラ+電子辞書を別途にもっていっていましたが世の中便利になりまして、スマートフォンがあれば世界中どこでもPCと辞書とカメラの役割をしてくれます!カメラはこだわりの方もいらっしゃるのでぜひそれをもっていっていただければと思いますが、スマートフォンが旅先で発揮する威力は計り知れません。

 

個人的に自分の秘密道具はガムテープ(布テープ)かなとおもってます。

ガムテープには本当に助けられました・・・。なんかいろいろ壊れたときとりあえずくっつけて!みたいな。

 

みなさんも「わたしの秘密道具」があれば教えて下さい♪

 

-旅~travel~
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

世界の絶景⑤ モルディブ

インド洋に浮かぶ、サンゴ礁の島モルディブ。新婚旅行でここに訪れました。世界中旅してきた我々にとって、モルディブにものすごい思い出があるかといわれるとそうでもないのですが、とにかく一面の青・青・青。そし …

世界一周のために必要なこと①健康

世界をまた見て回りたいと考えたとき、まず必要なのはこれでしょうか? 私自身内科医なので特に強く思うのかもしれませんが、何がともあれ自分が健康であることはもちろん、一緒に旅をする予定の妻、残していく(? …

m3.comで5回目の連載掲載していただきました

私が先月からさせていただいている、m3.comさんでの連載「人生で必要なことはすべて旅が教えてくれた」の5回目が掲載されました。 医師会員でない方は申し訳ございません、週明けまでには記事をこちらのブロ …

経済崩壊した国で見た現地の人々の話

アフリカの子連れ旅行記を書いておりますが、私はかつて世界一周をした筋金入りの貧乏旅行者でした。 その時に見た、光景として 「経済崩壊をするとその国はどうなるのか?」 ということについて簡単に体験をお話 …

ケニアサファリの仕組み~サファリの歴史~

ケニア旅行を楽しんできた我々ですが、やはりその楽しかった理由は   ・多くの動物に出会えたこと ・素晴らしい景色が見れたこと   この2つに尽きると思います。   これら …

 




 

 旅人、元バックパッカー。内科医。18歳の時に約10か月ほどかけて世界一周を経験。西回りに世界を駆け巡り、その後も休みがあれば旅を続け、今まで訪れた国はだいたい60か国くらい。旅で出会った日本人女性と結婚し、妻と子供2人の4人家族。

今まで1人旅・カップル旅を経て、家族旅行するようになっても世界中のどこへでも行く旅好き家族に。

「子供がいるからそこへは行けない」ということがないわけではないけれど、子供たちのためにも、子供たちのためになるのであれば、どこへでも行きたい、世界一周旅行でも行きたいと妄想し続けるアラフォー。まずの目標は「50歳でもう一度妻と世界一周する」。

夢は、世界のすべてをこの目でみること・世界の広さや美しさを子供に、そして世界に広めること。

今の充実した生活の原点を作り出したのが自分にとっては旅だった。見るものすべてが新しかったあの旅の感動は忘れられない。

 

2020年末をめどにアジア某国に家族で移住予定。旅の話とともに、移住の話もお伝えしていこうと思います。

子連れ旅行のことを中心に、役に立てたらうれしくおもいます。

 

Instagram:アイジュ




2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930