子連れでも、世界一周旅行がしたい

旅に行けば、きっと誰でも成長する。世界を旅行するすべての方へ。See A whole new world.

旅~travel~

世界一周に必要なこと⑥絆

投稿日:

人は出会いと別れを繰り返すもの。親子であれ夫婦であれ最初は出会いから始まり、一生を共にしたものでも究極的には死という最期によって別れが来ます。

 

旅人でも同じです。同じ旅人同士で世界のどこかで会っても、いつかは別れは来ます。現地の人でも、異国の人でも同じです。

 

だからこそ出会った旅人や現地の人との絆はぜひ大切にすべきだと考えています。世界のどこかで会ったその人との出会いは、必ずどこかで活きてくると思うからです。名前も忘れてしまった親切な現地の人たち、顔も思い出せないけどかけてくれた印象的なセリフをくれた旅の仲間・・・。私自身の中で確実に刻まれ、今でも思い出すことはしばしばです。

 

どんなタイミングでどんなことが起きるかわからないのが旅の醍醐味であると思いますが、運命の出会いが旅先で待っているかもしれない!というのも旅の醍醐味だと思います。

 

・・・そういってると、ほとんどの方が「そんなドラマないでしょ~」って思うかもしれませんが、私妻とは旅先で出会っております。南米で。日本人同士です。私の旅仲間でも、旅先で出会ったカナダ人と結婚した女性を知っています。意外といるものですよ!

 

出会ったあのころに比べて、我々夫婦の絆は日に日に増してきていると思います。旅での出会いはぜひ大切にして下さい!

-旅~travel~
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

旅人医師の旅育「3ステップ」とは~m3連載14回目~

5月から始めた連載が14回目になりました。正直、旅だけの話は経験談を多く語ることはできても、このような短い文章の中でその良さやすばらしさを伝えるのは難しく感じている今日この頃です。 今回は、旅の教育に …

旅のために投資を始めた医師の実感

m3.com19回目の連載は、旅のことから少し外れますが、旅には必ず必要な「資金」の話です。 今まで、私がどのような旅を心掛けているかということや、旅の思想・経験などをお話してきましたが、私が旅をする …

世界の絶景⑨ 世界遺産 ナミブ砂漠

南部アフリカに位置するナミビア共和国。南アフリカ共和国から1990年独立を果たした国ですが、その国名の由来ともなっているのがこのナミブ砂漠です。約8000万年前に誕生したといわれるこの砂漠は、地球上で …

m3.comで5回目の連載掲載していただきました

私が先月からさせていただいている、m3.comさんでの連載「人生で必要なことはすべて旅が教えてくれた」の5回目が掲載されました。 医師会員でない方は申し訳ございません、週明けまでには記事をこちらのブロ …

ケニアサファリの仕組み~サファリの歴史~

ケニア旅行を楽しんできた我々ですが、やはりその楽しかった理由は   ・多くの動物に出会えたこと ・素晴らしい景色が見れたこと   この2つに尽きると思います。   これら …

 




 

 旅人、元バックパッカー。内科医。18歳の時に約10か月ほどかけて世界一周を経験。西回りに世界を駆け巡り、その後も休みがあれば旅を続け、今まで訪れた国はだいたい60か国くらい。旅で出会った日本人女性と結婚し、妻と子供2人の4人家族。

今まで1人旅・カップル旅を経て、家族旅行するようになっても世界中のどこへでも行く旅好き家族に。

「子供がいるからそこへは行けない」ということがないわけではないけれど、子供たちのためにも、子供たちのためになるのであれば、どこへでも行きたい、世界一周旅行でも行きたいと妄想し続けるアラフォー。まずの目標は「50歳でもう一度妻と世界一周する」。

夢は、世界のすべてをこの目でみること・世界の広さや美しさを子供に、そして世界に広めること。

今の充実した生活の原点を作り出したのが自分にとっては旅だった。見るものすべてが新しかったあの旅の感動は忘れられない。

 

2020年末をめどにアジア某国に家族で移住予定。旅の話とともに、移住の話もお伝えしていこうと思います。

子連れ旅行のことを中心に、役に立てたらうれしくおもいます。

 

Instagram:アイジュ




2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930