子連れでも、世界一周旅行がしたい

旅に行けば、きっと誰でも成長する。世界を旅行するすべての方へ。See A whole new world.

旅~travel~

世界の絶景② 世界遺産カナディアンロッキー

投稿日:

 

北米大陸、アメリカ合衆国の背中に乗っているような形をしている国カナダ。メープルシロップやアイスホッケーといったウィンタースポーツのイメージが強いかもしれませんが、オーロラやこのカナディアンロッキーをはじめとして壮大な自然の広がっている美しい国であります。トップ10入りにならなかった名所である、世界三大瀑布の1つ、ナイアガラフォールズもカナダとアメリカの国境に位置しています。




その壮大な自然を持つカナダの中で、とくに有名なのはカナディアンロッキー。私はカナディアンロッキーをかなり広い範囲訪れたことがあるのですが、特に覚えているのはバンフ国立公園での景色です。実はここ、中学生・高校生の時の修学旅行や短期留学時代に訪れているため、20年以上前の話になりますが、いまだにこの美しさは鮮明に覚えています。

 

とても訪れやすくまた大人でも子供でも感動する、素敵な観光地ですので、ぜひ家族でも1人でも、行けるときに行っていただきたい旅行先です。

 

私は正直な話、ものすごい壮大な自然に出会わないと感動しないタイプの旅人です。それには理由があって、おそらく中学生の時に見たこのカナディアン・ロッキーが実に美しく壮大で、人生で初めてみた言葉に表せない絶景だったために、ここが「きれいな自然」の基準値になってしまっているからかもしれません。




カナダのいいところは治安の良さ。人も良く、年配の方でも非常に安心して旅行できるスポットです。したがって先ほどもお伝えしたように、ご自身のご両親を誘って、あるいはご自身のお子さんを誘って親子で旅する・・・そんな旅行もお勧めできる素敵な場所です。

とはいえ、この大自然。ぜひお子さんやお孫さんにも体験させてあげてほしいです。皆さんも、人生の中で鮮明に覚えている景色って子供のころ、あるいは若いころに見た景色が多いっていう方もいらっしゃるのではないでしょうか?そういうこともあるので、若いころやお子さんの時に見に行っても素敵な風景だと思います。

中学校のときの私にとって、それはもう絶景で、壮大で、とにかくスケールが違いました。この近くにコロンビア氷原という真っ白な世界があるのですが、世界的な規模で見れば、あのスケールで決して氷原としては大きくないと聞いて愕然とした記憶があります。

 




そして、何が驚いたって、とにかく湖の色!モレーン湖という湖の色がとにかく印象的で、エメラルドブルーのような、エメラルドグリーンのような、何とも言えないとてもきれいなああいう色の湖は今までみたことがありません。あんまり詳しいことは覚えていないんですが、氷河から溶けて流れるからこんな色・・・だったんだっけな・・・。ちょっと忘れてしまいましたが、とにかく湖の色と、それに映える山々や木々・・・。絶景です。私が行ったときには天気にも恵まれて、カナダのこんなところに修学旅行に連れて行ってくれるなんてすげえ学校に入ったなあ~と今考えれば思います。

 

このカナディアンロッキーの中にある、バンフ国立公園の中で有名なホテルとして、フェアモント シャトー レイク ルイーズというレイクルイーズ湖のほとりにある絶景が眺められるホテルがあります。ここからの景色は本当にすごかった。すごくおすすめです。

※もうすでに当時のデータがないので、実際の写真しか残っておらず、自分の写真ではないのでご容赦ください。

 

 

カナダということもあって、日本人観光客も多く訪れていると思いますが、ここは素晴らしいと思います。自然絶景を見たいならオススメ。

 

 

日本からのアクセス:成田空港あるいは羽田空港からカナダ西部のバンクーバー直行便で9時間ほど。そこからカルガリー空港まで国内線で所要1時間、カルガリー空港からバスで観光の中心となるバンフまで約2時間。

多数のツアーが組まれており、移動時間も長く、レンタカーなどを借りて周るか、ツアーで訪れるのがベスト。

 

 

ポチお願いします
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

世界一周した旅人がおすすめしたい世界の絶景ベスト10

-旅~travel~
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なぜ50歳でもう一度世界一周なのか

50歳で世界一周することを目指しております。 世界一周っていうのはあくまでも念頭に置いているだけで、必ずしも「東回りに東京からアメリカ大陸行って~」というように具体的に考えているわけではありません。あ …

バックパッカーとは?~旅のスタイル~

今日はちょっと趣向を変えて、旅のスタイルについてちょっと考えてみたいと思います。 旅にはいろいろなスタイルがあります。もちろん「きれいな海が見たいからリゾートに行く」「山が好きだから登山が私にとっては …

JALのclassJに乗ってみた~ワンランク上の搭乗体験記~

私、普段はANA派(スターアライアンス派)のため、ほとんどJALには乗りません・・・。しかし、先日仕事のため北海道まで行ってきました。 その際、病院から支給された航空券でJALを利用したのですが、「C …

マサイマラにサファリに行ってきました④3日目前編 ヌーの川渡り

疲労困憊のマサイマラ初日、旅行2日目の夜はあっという間に皆寝た気がします。疲労もある程度回復し、今日はどんな動物が見れるかな!?ヌーの川渡りはいけるか!? マサイマラにサファリに行ってきました③2日目 …

アフリカ子連れ旅行準備編 まとめ

アフリカ子連れ旅行の準備編まとめです。 出発前にアフリカに関することで書くことはこの辺くらいで、あとは実際にホテルやその場所に訪れたときのことを体験談や思ったこと、子連れならでは大変さや子連れだったか …

 




 

 旅人、元バックパッカー。内科医。18歳の時に約10か月ほどかけて世界一周を経験。西回りに世界を駆け巡り、その後も休みがあれば旅を続け、今まで訪れた国はだいたい60か国くらい。旅で出会った日本人女性と結婚し、妻と子供2人の4人家族。

今まで1人旅・カップル旅を経て、家族旅行するようになっても世界中のどこへでも行く旅好き家族に。

「子供がいるからそこへは行けない」ということがないわけではないけれど、子供たちのためにも、子供たちのためになるのであれば、どこへでも行きたい、世界一周旅行でも行きたいと妄想し続けるアラフォー。まずの目標は「50歳でもう一度妻と世界一周する」。

夢は、世界のすべてをこの目でみること・世界の広さや美しさを子供に、そして世界に広めること。

今の充実した生活の原点を作り出したのが自分にとっては旅だった。見るものすべてが新しかったあの旅の感動は忘れられない。

 

2020年末をめどにアジア某国に家族で移住予定。旅の話とともに、移住の話もお伝えしていこうと思います。

子連れ旅行のことを中心に、役に立てたらうれしくおもいます。

 

Instagram:アイジュ




2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930