投資家と旅人と医者と

投資家として、twitterやブログで情報を発信?し、様々な投資仲間の方々とつながっていくことができ、大変感謝しております。わたくしのような弱小投資家が自由億どころか100億以上の資産を目指すような凄腕投資家の皆様とつながれるなんてすごい世の中だな~と思っています。




そんな私ですが、常日頃から私は自分が4つの要素から構成されていると考えて行動しています。

「旅人」

「家族」

「医者」

「投資家」

この4つを常に意識しています。

「旅人」と「家族」は自分の根底、「医者」は社会の中の自分、「投資家」は新たな自分

私にとって「旅人」はすべての原点。妻に会ったのも、今の人生観の土台を築き上げたのも旅です。そして「家族」は安らぎを求めるものとしての絶対的な価値があるとおもっています。したがって「旅人」「家族」はお金に変えることのできない価値・記憶として私の中で確固たるものとして君臨し、私の内面を強く表す要素だと思っています。この2つのためなら「医者」も「投資家」もその立場は捨ててよいと覚悟は決めています。

それに対して「医者」は生きるために必要な生活費を稼ぐお金のツールとして中心となっているとともに、世の中への貢献や自分自身への喜びとして表現するツールだと思っており、社会の中にいる自分としての要素が強いです。医者という職業が社会的地位が高いとかそういう意味ではなく、私が人様とお会いするときに、どんな業界に属し、どのような外面をもっているのかといわれたときに、真っ先に「医者」であるとお伝えするのが相手にとってわかりやすいというか、そんなようなもの。半分は生活のため、半分は生きがい&社会への表現みたいな。

そして4つ目の「投資家」は私にとって旅費を稼ぐためのツールであるとともに、投資を通じて企業・社会に貢献したいという原点から発生している、この4つの中でもっとも私の中で新しい自分です。この10年間で「投資家」として成長したかはわかりませんが投資を楽しみながらある程度資産も増やし、1600人を超える投資仲間にフォローしていただけることになりました。この10年間で培った今までにはない新しい自分の世界と思っています。あくまでお金を稼ぐツールとして始めましたが、その面白さにのめりこみ、医者としての自分をも凌駕するほど興味深いのが投資です。

いろいろ手を出したくなる性格

私は旅でいろんなものを見すぎてしまったことが関与しているかどうかわかりませんが、一つの分野だけを徹底的に集中してのめり込むことがあまり好きではありません。なんでか視野が狭くなることを恐れているのか、物事に集中したりすことはあっても、没頭することはあまり得意ではありません。世界的な知名度を誇る方や投資でも大きな儲けを取っている方って大なり小なり没頭がすごい方が多いと思っていますが、私自身にはあの力はなく、唯一今までずっと没頭し続けたものは旅と妻くらいです笑。

同じような理由から、ある特定の方とだけつるんでいくこともあまり好きではありません。医療界・旅界・投資界とそれぞれの方々と幅広く出会ったり、語り合ったりしたいという欲求が人よりも強いと思っています。だからこそ、実際にお会いした旅仲間・同じ職業や志を持った医者仲間・twitterで知り合った投資仲間と、それぞれ違うアプローチで出会うことができ、様々な方と触れ合えたことに心より喜びを感じ、感謝しております。

「旅人」が私の原点であることは間違いない

とはいえ、やっぱり私の原点は旅なのです。それはやっぱり変わらない。

でもお金を稼ぐには医療・投資の2つでやっていく必要がある。それが私の葛藤でした。もちろん旅のベンチャーなど興味がありますし、そういった会社にすでにエンジェル投資しているのも事実ですが、やっぱりそれも投資を通じているわけですし、ましてや私自身で旅に関する会社を興すという余力は少なくとも今の時点では残念ながらありません。

でも、そんななか、とても良いお話をいただけました。それは・・・。

つづく。

ポイ活強化中\(^o^)/

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
http://www.chobirich.com/introduce/?93254

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です