子連れでも、世界一周旅行がしたい

旅に行けば、きっと誰でも成長する。世界を旅行するすべての方へ。See A whole new world.

医療~medical~ 旅~travel~

医学部を即休学したバカ息子~m3.comでの連載記事1回目~

投稿日:2019-05-29 更新日:

先週より、m3.comさんで旅にまつわる連載をさせていただいております。普段私はtwitterでは完全なる投資家として活動しておりますが、何を隠そう正体は根っからの旅人・旅マニアであります( `ー´)ノ

お会いしたことのある投資家の皆様で、ご興味ある方はたまにお話しさせていただいておりましたが、私は「旅を通じて私がうけてきた経験・感性というのは、時代や性別・年齢を超えた必ず得ることのできる何かがある」という信念を持っています。旅こそが人生であり、旅こそが教育という観点から、何か旅で皆様が得ていただけたら最高だ!という想いで連載を始めさせていただきました。

正直な話、万人に受けるのかというとそれはわかりません。旅先でも怖い話や面白い話というのであっても、興味がない方はまったく興味がないと思います。とはいえ、せっかくブログもあるんだし、読んでいただけたらな~とおもいますし、ぜひ読みたいと言ってくださる方もいらっしゃるので、ブログに転載していこうと思います。

 




 

 

m3.comの担当者の方さんいわく、編集権は株式会社エムスリーさんがお持ちだそうですが、著作権は私にあるため転載などは可能とのことなので、遠慮なく転載させていただきます。元記事は医者向けに書かれているため、多少その部分を変えておきます。

 

ーーーーーーーーーーー

医学部を即休学し旅?!その時親は

写真

【プロローグ】

高校卒業後現役で医学部に入学!喜びにあふれて入学するも、自分には自慢できる経験も能力もないと感じた私は、そこで起死回生の?策を思いつく。そうだ、世界一周しよう!

その決断に両親は・・・

 

 

順調に見えた医学部1年目 5月に休学を決意し 世界一周の旅へ?!

皆様はじめまして。都内で病院勤務をしているアイジュと申します。忙しさから世界を狭めてしまっていると悩まれる医療者の方が多くいることから、本連載では、「旅で広がった世界観」について、自身の経験を通してお伝えしていきます。

私はどこにでもいる平凡な内科医です。大した研究歴もなく、頭が良いわけでもなく、患者さんとの触れあいが好きな、そこら辺にいる普通の臨床医だと思います。父が勤務医(現在は開業しています)の家庭で育ったこともあり、医師になることに抵抗はなく、運よく浪人もせず現役で医学部に入り、国試も終え、キャリアとしては10年以上医者として無事にやってこられました。

 

順調に見えるかもしれませんが、ちょっと人と違うのは、18歳、大学1年の時に入学してすぐ休学届を出して、そのまま海外放浪の旅に出てしまったという無謀なことをしたことです。

 

18の時に世界一周を経験、その後も旅を積み重ね、今では60カ国を超える国・地域に足を運び、この目で世界を見てきました。人生で必要なことを私はすべて旅で学んだと確信しており、それは医者としての人生にも大きく影響を及ぼしました。

この旅の経験が後押しし、2020年末を目途にアジア某国に移住することも決定しています。(海外移住のお話は、またの機会に。)

 

 

特徴のない学生からトンデモ学生の仲間入り

大学に入学して私が痛感したこと。それは勉強だけでなく、多彩な趣味や経験をして医者になろうとしている同級生が多かったことです。私の周りがたまたまだったからか、私だけがそう感じたからなのかはわかりませんが、スポーツも趣味も充実し、楽しく人生を謳歌しているような人が多かったのが印象的でした。

私には何の特殊能力も経験もなく、「こ、このままでは俺は埋もれてしまう!!」という謎の危機感を持ちました。他大学への再受験や留学など、いろいろ考えを巡らせた結果、突然思い立つのです・・・。

 

「そうだ、一人旅行こう!世界一周だあああ!」

なぜそういう結論にいたったかは実はあまり覚えていません。幼少期から海外の国名や都市名を覚えたりすることは得意で、興味があったことは間違いありません。自然と海外を見たいという欲求が育まれていたのだと思います。小学生の時、トイレに世界地図はってあって、それを見て世界中の国と首都を覚えまくった過去があります・・・w

まだ入学してわずか1か月後のGW過ぎた5月ごろに決意したのです。休学して世界放浪しようと・・・。マジかい( ゚Д゚)

 

写真 Eater Island, Chili

入学早々の海外放浪に、厳格な医師である父の反応は…!

そうはいったものの、休学して海外に行きたいなんて親になんて言おうか・・・その壁にぶつかりました。

私の父は真面目でとても厳格な、「日本男児たるものこうあるべきだ」ということを平然と言うタイプ。その反面、母は幼少期を米国で過ごし柔軟な考え方もできる人で、「あなたがやりたい人生を進みなさい」というタイプの人でした。必然的に相談するには、父には内緒の上で難易度の低い母から。

 

と思ったら。

 

母は話を聞くなり「へえ楽しそうじゃない!私も行きたいわ~。ねーよさそうじゃないパパ?」と別室にいた父をわざわざ呼びに行きました。

 

 

え( ゚Д゚)

 

 

いやちょっとwwwww

 

 

まずは内緒な感じで相談したんだよmam!!

 

 

と思っていたら・・・

 

 

「まあ現役で合格できたし、お前が自分で決めたならお金のことは気にせず、1年くらい寄り道してその甘ったれた精神を鍛えてこい。」

 

というあっぱれな父の言葉が・・・。

ちなみに父は留学経験なく、甘ったれた精神が外国で鍛えられるかどうかについてはまったく説得力ありませんでしたが、おそらく息子への愛情表現だったのでしょう笑。

 

ありがとうお母さん お父さん!

 

かくして、すんなりと休学届を提出。世界放浪の旅が幕を開けることとなりました・・・。




「旅の経験」を話して、旅を通じて得られる豊かな人生を紹介したい

日々忙しくどうしても世界が狭くなりがちな皆様に、旅で得られる新しい世界の価値観や素晴らしさなどを知っていただけたらとてもうれしく思います。連載を通じて、おもしろおかしく、時には真面目に、旅を通じて得られた経験をもとに皆様に素敵な旅を勧めていきたいと思います!

ーーーーーーーーーーーー

 

とりあえず第1回目です。
気長に読んでみていただけたら幸いです。

世界放浪した医師の「旅」のすすめ~m3.com連載2回目~

 

よんだらポチお願いします!頼みます(*’ω’*)!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

-医療~medical~, 旅~travel~
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アフリカに子連れでいくことにした④~どこを経由するか?~

つづき。個人手配にしたまでのお話は前回まで。 子連れであることも考えて、自由に手配し、自由に設計できる個人手配にするということはとても選択肢が広がるということでもありますが、逆に決めなくてはいけないこ …

子連れでドバイ旅行でかかった費用まとめ~ホテルとレストラン代~

アフリカ子連れ旅行の帰りにドバイに寄ってきました。アトランティス・ザ・パームという高級ホテルに宿泊したり、そこに隣接しているウォーターパークが素晴らしかったり、レストランの話や航空会社の話などもしてま …

世界一周に必要なこと⑥絆

人は出会いと別れを繰り返すもの。親子であれ夫婦であれ最初は出会いから始まり、一生を共にしたものでも究極的には死という最期によって別れが来ます。   旅人でも同じです。同じ旅人同士で世界のどこ …

m3.comで8回目の連載掲載していただきました

私が5月からさせていただいている、m3.comさんでの連載「人生で必要なことはすべて旅が教えてくれた」の8回目が掲載されました。 医師会員でない方は申し訳ございません、日本時間の夕方にはこちらにも転載 …

マサイマラにサファリに行ってきました⑧5日目 さよならマサイマラ

楽しかったマサイマラでの日々も、今日で最終日・・・短い!旅行記のつもりで、「日本を出てから5日目」なんだけど、「マサイマラでは4日目」だから少しわかりにくくなってしまって反省。 このマサイマラを満喫し …

 




 

 旅人、元バックパッカー。内科医。18歳の時に約10か月ほどかけて世界一周を経験。西回りに世界を駆け巡り、その後も休みがあれば旅を続け、今まで訪れた国はだいたい60か国くらい。旅で出会った日本人女性と結婚し、妻と子供2人の4人家族。

今まで1人旅・カップル旅を経て、家族旅行するようになっても世界中のどこへでも行く旅好き家族に。

「子供がいるからそこへは行けない」ということがないわけではないけれど、子供たちのためにも、子供たちのためになるのであれば、どこへでも行きたい、世界一周旅行でも行きたいと妄想し続けるアラフォー。まずの目標は「50歳でもう一度妻と世界一周する」。

夢は、世界のすべてをこの目でみること・世界の広さや美しさを子供に、そして世界に広めること。

今の充実した生活の原点を作り出したのが自分にとっては旅だった。見るものすべてが新しかったあの旅の感動は忘れられない。

 

2020年末をめどにアジア某国に家族で移住予定。旅の話とともに、移住の話もお伝えしていこうと思います。

子連れ旅行のことを中心に、役に立てたらうれしくおもいます。

 

Instagram:アイジュ




2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031