子連れでも、世界一周旅行がしたい

旅に行けば、きっと誰でも成長する。世界を旅行するすべての方へ。See A whole new world.

旅~travel~

南米バスジャックで救世主現る~m3.com9回目の連載~

投稿日:2019-08-03 更新日:

m3.comのメンバーズメディアにて連載させていただいている「人生で必要なことはすべて旅が教えてくれた 」9回目の連載を掲載させていただきました。数日前に掲載されていたようですが、私がアフリカ内を移動中だったためにお知らせもできていませんでした。ドバイからブログ転載してお届けいたします。

ブラジルでバスジャックに遭う~m3.com8回目の連載~




ーーーーーーーーー
前回の記事「ブラジルでバスジャックに遭う」では、私アイジュは、ブラジルにてバスジャックという大変な事件に巻き込まれてしまったというお話をさせていただきました。あの瞬間は忘れません。果たしてその後どうなったのでしょうか?俺死ぬのかな( ;∀;)

 

写真

リオにて。この写真を撮った直後に事件。真ん中に小さくイエス様が

 

 

バスの運転手が我先に逃げる 逃げれるタイミングをうかがう私

バスの中で、ナイフを持った青年が、現地の若い女の人を脅しながら騒いでいました。ポルトガル語で何やら騒いでいるのは前回お話しした通りで、私はそのバスから出られなくなってしまったのです。その青年はバスの後ろの方にいて、私はバスの中ほどで立っていたのですが、犯人と少し距離があったからかもしれません。

「ど、どうしよう」と思いながらも、意外と冷静にその時の光景を見ていたようで、バスの中のこととか、私を弾き飛ばして出ていったおばちゃんの顔などもよく覚えています。確か、そのおばちゃんは、窓から外に出ようとしていた気がします。

 

そして外をよく見ると・・・バスの運転手がバスの外に出ているし・・・

 

お前、逃げたんかい\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

 

にしてもこの青年は何が目的で・・・と思っていたら、『どうやら強盗しようとしたのに、騒がれたからか、バスジャックするぞ!要求に応じろ!みたいなことをあの娘を盾に言っている』と、一緒に行動していたポルトガル語がわかる友人が相当真っ青な顔をして私に言ってきます。

 

( ゚Д゚)・・・

 

「死にたくないわ!」と、とりあえず逃げられるタイミングで逃げないと機をうかがっていました。

ここまでで数分くらいの出来事だったと思います。そんなとき、ふと犯人である青年の後ろで、背の高い黒人男性が頃合いを見計らってか突然立ち上がりました。

ん?と思った次の瞬間。

 

 

君たちはヒーローを見たことがあるか― 黒人男性が青年を成敗

ナイフを持った青年の拳をつかみ、即座にナイフを下に落とし、そのまま彼の両腕を千切れるんじゃないかと思うくらいグルンと強引に回すと、その青年はそのままひっくり返りました。

柔道で背負い投げをやったときみたいに、「でやあああああっ」てな感じに。

 

「え、なになに!? 」と、理解できずにいると、そのおっちゃんが犯人に向かって怒鳴りだしたのです。すると、バスの観客が大歓声で狂喜乱舞状態でした。

 

え( ゚Д゚)

もっとなになに!?\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

青年がとりおさえられたというのに、アイジュはパニック状態になりました。

 

そこで友人が絶叫。

 

「まじかあああああ、警官だってあのおっちゃん!」

 

 

・・・。

え?

・・・。

 

 

「うおおおおおおおおおおおおお!おっちゃあああああんん( ;∀;)!!!!!」

 

そのままそのおっちゃんが少年を確保しました。スーパーかっこよかった。まさにヒーロー。おっちゃんもうオラ惚れたよ・・・。ドラマを見ているかのようでした!

ヒーローってこういうもんかな・・・( ;∀;)




犯人許すまじ― 犯人を社会から締め出す?

と、ここで話がおわりではありませんでした。警官のおっちゃんがその青年を捕まえた直後。よかった~と私がおもっていたら、乗客たちが

「お前、何してんじゃああああ!」

といわんばかりに、犯人をつるし上げ、挙句の果てには殴る蹴るの暴行を加えはじめたではありませんか!

 

さすがのアイジュもこれは驚きました。警官なんて気にせず、乗客がその青年をタコ殴り状態です。最後、犯人はなんかピクピクしていたような記憶があります。今考えればけいれんしてたんじゃ・・・。

 

ブラジルには、こういう犯罪者を許さない・社会から締め出すという意識があるのでしょうか。そういえば、世界一周の際に、出会った旅人の中にも「途上国では犯罪者を法で裁くというよりも、社会から抹殺したり、このままでは許さないって意識があるような気がします」と言っていた方がいました。私も似たような感覚を覚えましたが、心理学?の専門家にもうかがってみたいです。犯罪学になるんか?ようわかりません・・・。

 

いずれにせよ、バスジャック事件は見事、「未遂」で終わってくれたのです。生きててよかった( ;∀;)結局、そのまま駆けつけてきた警官によって青年はどこかに運ばれていきましたが、被害者への事情聴取や、「大丈夫か!?」といった声掛けのようなものは一切ありませんでした。

 

とりあえずバス怖いと思いつつ、私は、目的地まで歩いて移動することにして、その場を去りました。いや~びっくりした・・・。そしてしばらく友人と歩いて話していて気が付いたのです。

 

「バス代返してもらえなかったね」と・・・。

 

いや、そこ違うだろ(*´ω`*)

 

 

写真

ブラジルは危ない目にあいましたが、日系人も多く住む素敵な場所です。サンパウロには写真のようなお寺もあります。いろんな文化の混ざった国へぜひ訪れてみてください。

 

 

まとめ

海外に行って、特に犯罪率の高い国・地域では、危ない目にあう可能性は飛躍的にあがります。ローカルの人たちとのつながりが増えるということは、文化を見る意味では良いですが、事件・事故・犯罪、あらゆるものと隣り合わせになる可能性は覚えておくべきだと思います。皆様外国では、気を付けすぎて困ることはありません。日本のような安全な国はないと思って臨んでほしいです。

この他にもマシンガンを突きつけられたりしたこともあるのですが、それはまた次の機会にお話ししますね。それよりも、私が一番困ったことは、我々医療者にも関わる、『疾患』の問題でした。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

というわけで、次回でなんと10回目です!多くの方に読んでいただけていること感謝しております。

日本に帰ったらここら辺の記事ももう少し整理したりしていきたいと思っています。

もう少しドバイを堪能してから帰国する予定です。

 

よんだらポチお願いします!頼みます(*’ω’*)!
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

海外であった危ない目~血便事件~

-旅~travel~
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

さようなら平成

みなさま平成も終わりですね。 私は幼いころ、昭和天皇が崩御されていた時たまたま祖父母の家に母と一緒に泊まりに行っていて、母から「天皇陛下が死んじゃったんだよ・・・」と聞かされたことを覚えています。その …

アフリカに子連れでいくことにした⑥~ホテルと飛行機も全部決めて~

つづきです。 大体日程がつめられてきました。さてそうなると、費用のことも大体判明してきます。 アフリカに子連れでいくことにした⑤~現地ツアー会社にお願いしてみた~     UAE・ …

m3.comで11回目の連載掲載していただきました

私が5月からさせていただいている、m3.comさんでの連載「人生で必要なことはすべて旅が教えてくれた」の11回目が掲載されました。 医師会員でない方は申し訳ございません、数日中には転載する予定でおりま …

世界一周のために必要なこと①健康

世界をまた見て回りたいと考えたとき、まず必要なのはこれでしょうか? 私自身内科医なので特に強く思うのかもしれませんが、何がともあれ自分が健康であることはもちろん、一緒に旅をする予定の妻、残していく(? …

ドバイのレストランで水が3000円だった話~ドバイレストラン~

ドバイのアトランティス・ザ・パームというホテルに、アフリカ子連れ旅行の帰りに寄ってきました。 そこで食べたものたち、その物価について簡単にまとめてみます。 ドバイの超高級ホテルに家族連れで泊まってきた …

 




 

 旅人、元バックパッカー。内科医。18歳の時に約10か月ほどかけて世界一周を経験。西回りに世界を駆け巡り、その後も休みがあれば旅を続け、今まで訪れた国はだいたい60か国くらい。旅で出会った日本人女性と結婚し、妻と子供2人の4人家族。

今まで1人旅・カップル旅を経て、家族旅行するようになっても世界中のどこへでも行く旅好き家族に。

「子供がいるからそこへは行けない」ということがないわけではないけれど、子供たちのためにも、子供たちのためになるのであれば、どこへでも行きたい、世界一周旅行でも行きたいと妄想し続けるアラフォー。まずの目標は「50歳でもう一度妻と世界一周する」。

夢は、世界のすべてをこの目でみること・世界の広さや美しさを子供に、そして世界に広めること。

今の充実した生活の原点を作り出したのが自分にとっては旅だった。見るものすべてが新しかったあの旅の感動は忘れられない。

 

2020年末をめどにアジア某国に家族で移住予定。旅の話とともに、移住の話もお伝えしていこうと思います。

子連れ旅行のことを中心に、役に立てたらうれしくおもいます。

 

Instagram:アイジュ




2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031