子連れでも、世界一周旅行がしたい

旅に行けば、きっと誰でも成長する。世界を旅行するすべての方へ。See A whole new world.

旅~travel~

ケニア子連れサファリ旅行は安全にできるのか?

投稿日:

ケニア子連れサファリ旅行に関しての安全性について少しお話していこうと思います。結論から申し上げますと

 

ほぼ全く問題ありません

 

下の記事も参照いただきながら、まとめていこうと思います。

 

アフリカ子連れ旅感想まとめてみた

子連れでアフリカにサファリしに行ったら164万円かかりました

 




 

【治安と健康の2つの観点からケニア旅行・サファリ旅行を考える】

まず治安についてです。

ケニアという国自体の治安は決して良くはありません。ナイロビは今はどうか知りませんが、アフリカ大陸でも有数の治安の悪さで旅人の間では有名でした。ナイロビのショッピングセンターでのテロが日本でも大きく取り上げられたのでご存知の方も多いかもしれませんが、バックパッカーが集まる安宿にすら強盗がはいるなどの事件があったり、あまり私自身にもいいイメージはありません。今は多少改善されているのかもしれませんが、サッカーのWカップが南アフリカで開催される前のヨハネスブルクが世界最悪の都市であり、アフリカ内ではそれに次ぐくらい雰囲気が悪いと恐れられていました。

 

とはいえ、サファリで訪れるナイロビは空港とお土産屋さんくらいで、それだけでひったくりや強盗に遭うリスクは極めて低いと思います。私もまったく危ないという印象は受けませんでした。夜中のスラム街なんてサファリ旅行では訪れませんし、考えるべきはテロくらいですが、テロに会ったら「run hide tell」もしくは「run hide fight」という英国や米国のテロ遭遇時の対策を知っておくくらいでやれることがありません。それくらいは知っておいた方が良いとは思いますが・・・。

 

 

ケニア旅行・アフリカ旅行に限らず、テロ対策のビデオは一度は見ておいた方が良いと思います。この最後のfight(戦う)に関しては議論が分かれるようですが、run・hideの原則は海外では広く教えられていることです。

 

したがってたとえお子さん連れであっても、サファリを目的とした旅であれば、危険な目に遭う可能性は低いですし、そもそも危険な目に遭いようがないというのが本音です。怖いのはむしろ動物たち・・・。

 

食べられないようにご注意ください・・・。

 

 

もう一つ、健康についてです。アフリカまで行かれると、老若男女問わず「変な病気にかからないか?」ととても不安になるかもしれません。ただ、そこまでの心配はいりません。箇条書きでまとめますと、以下のことくらいです。

 

・マラリアの心配はかなり少ない

・とはいえ、蚊からの防御は絶対!

・無茶はしない、疲れは残さない

・水には注意

 

 

出発前にこの記事を書いたのですが、思ったよりも健康への心配が少なくて安心しました。

 

アフリカ旅行する皆様へ健康対策のすすめ~医師が思うアフリカ対策~

 

実際、私自身が内科医、しかも旅行医学をかじっている医者なので、ある程度のことの対応ができることは大きなメリットで強みではあります。したがって、多くの皆様が「いや~それはあなたが医者だからでしょ!こわいよ!」と思うかもしれませんが、本当に心配しないでください。この記事で描かれている以上に蚊は少なく、食事も清潔、飲料水もホテル側が気をつかっていて、不安になるようなことがありませんでした。もちろん歯磨きですら蒸留水(ミネラルウォーター)を使うなどの対策は必要ですが、マラリアの予防薬は無駄になってしまいました・・・wDEETがかなり含まれた防虫剤はちゃんと持っていきましょう!個人的には蚊取り線香はいりませんでした。虫よけスプレーも思った以上に使わなかった・・・。アフリカで使用する虫よけスプレーは日本の薬局ではあまり売っていないので、AMAZONなどで購入することをお勧めします。

 

我々が持っていたのは子供でも使えるこれです。一般的な虫よけスプレーよりも、効きが強いです。もちろん大人も使えます。

アフリカ特有のご病気に、滞在中にかかることは1週間程度であればまずないとおもいますので、むしろ帰国後、調子が悪くなった時にかかりつけ医ではなく、旅行医学に精通した先生にご相談されることをお勧めします。もし判断に迷った時は検疫所に相談しても相談に乗ってくれると思います。出発前にも、検疫所のHPは見ておくと勉強になると思います。

 

厚生労働省検疫所

 

あまり医者として正しくない知識を皆さんにお伝えしたくはないのですが、正直な話1週間アフリカに行くだけなら、予防接種が絶対に必要かといわれると、必要なかったかもしれません。とはいえ、ご自身の身体のことですので、もし懐と時間に余裕があるならば、特にお子さんには予防接種を重点的にやっておく意義はあると思います。詳しくは出発前のブログ記事ご覧ください。

 

それよりも、サファリで注意しなくちゃいけないのは、むしろ寒暖の差だと思います。

 

ナイロビもそうなのですが、思っている以上に7月8月のケニアは寒いです!朝は寒くてジャケットを着た上に毛布にくるまりながらサファリしますが、昼は日差しが強く暑いのです。

こんな感じでくるまってます。毛布はだいたいどの車も用意してくれていると思います。

したがって、寒暖の差に注意して、いわゆる風邪をひかないようにご注意ください。それが健康に対する一番のアドバイスなような気がします。

もちろん、車に乗りっぱなしだったり、慣れない環境もありますので疲れると思います。時差もありますので、無理はしない!旅の鉄則だと思います。とくに子連れの場合はお子さんの体調には気を付けてください!あるいは親子3代で行かれる方もいらっしゃると思いますが、年配の方も無理しないように!食事やベッドなどの環境の適応力はむしろ年配の方の方が難しかったりしますのでご注意ください。

 

今回我々は、途中でおなかがゆるかったりということはありましたが、どちらかというと、食べ過ぎによるもので、ケニア特有の・アフリカ特有の病気にかかったということはありませんでした・・・wもし気になるようでしたら、ビオフェルミンのような整腸剤は持っていても安心かもしれません。

 

実際に今回の旅行でこれ持っていきました。後味が甘いので、かみ砕いて子供に飲ませても問題ありません。そこ大事。

 

もし、持病のある方はあらかじめこういうようなあらかじめ自分の病気を外国語でも伝えられるような自分カルテを持っていかれることをお勧めします。親子3代での旅行や、もともとご自身に病気のある方、不安な方などにはお勧めします。日本旅行医学会という旅行医学の専門家たちが編集したものです。もし心臓が悪かったりした場合、その事実を記載していくと、ちゃんと対応した説明が多言語で書かれていたり、自分の状態を説明するのにかなり役立ちます。買わなくてもいいので、書店などで手に取ってみていただくだけでもかなり有用だと思います。

 

 

【まとめ】

ケニア子連れ旅行の健康と治安について述べてみました。正直サファリ以外のケニア、つまりナイロビやそのほかの地域に行くなら話が別ですが、サファリ旅行に家族でれるだけなら、治安や健康における不安はかなり少ないと思っていただいてよいと思います。

生水を避ける、体に無理をさせないなどの一般的な心掛けは必要ですが、あまり健康に気を配ることもなく楽しい旅になることは間違いないと思います。

テロにだけはご注意ください( ;∀;)

 

 

ポチお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村

 

-旅~travel~
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中米総括

※以下の情報はすべて2005年3月の情報です。政治や経済的、歴史的に見て「メキシコ合衆国」は北米に位置づけられることも多いですが、ラテンアメリカということで、中央アメリカに組み込ませていただきました。 …

ケニアとタンザニアのVISA

ケニアとタンザニアのVISAについてまとめてみました。これから行かれる方は、一人でも、夫婦でも、ご家族でも参考になると思いますのでぜひご覧ください。 結論から言うと、必要な書類などは多く面倒ですが、旅 …

JALのclassJに乗ってみた~ワンランク上の搭乗体験記~

私、普段はANA派(スターアライアンス派)のため、ほとんどJALには乗りません・・・。しかし、先日仕事のため北海道まで行ってきました。 その際、病院から支給された航空券でJALを利用したのですが、「C …

旅人が考える英語について

5月から続けている、m3.com内の旅にまつわる連載の16回目・17回目の転載です。医師向けに書かれている記事ですので、一部わかりにくい、あるいは不適切な表現があるかもしれませんがご容赦ください。 今 …

世界の絶景② 世界遺産カナディアンロッキー

  北米大陸、アメリカ合衆国の背中に乗っているような形をしている国カナダ。メープルシロップやアイスホッケーといったウィンタースポーツのイメージが強いかもしれませんが、オーロラやこのカナディア …

 




 

 旅人、元バックパッカー。内科医。18歳の時に約10か月ほどかけて世界一周を経験。西回りに世界を駆け巡り、その後も休みがあれば旅を続け、今まで訪れた国はだいたい60か国くらい。旅で出会った日本人女性と結婚し、妻と子供2人の4人家族。

今まで1人旅・カップル旅を経て、家族旅行するようになっても世界中のどこへでも行く旅好き家族に。

「子供がいるからそこへは行けない」ということがないわけではないけれど、子供たちのためにも、子供たちのためになるのであれば、どこへでも行きたい、世界一周旅行でも行きたいと妄想し続けるアラフォー。まずの目標は「50歳でもう一度妻と世界一周する」。

夢は、世界のすべてをこの目でみること・世界の広さや美しさを子供に、そして世界に広めること。

今の充実した生活の原点を作り出したのが自分にとっては旅だった。見るものすべてが新しかったあの旅の感動は忘れられない。

 

2020年末をめどにアジア某国に家族で移住予定。旅の話とともに、移住の話もお伝えしていこうと思います。

子連れ旅行のことを中心に、役に立てたらうれしくおもいます。

 

Instagram:アイジュ




2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930