子連れでも、世界一周旅行がしたい

旅に行けば、きっと誰でも成長する。世界を旅行するすべての方へ。See A whole new world.

旅~travel~

バックパッカーとは?~旅のスタイル~

投稿日:

ちょっと趣向を変えて、旅のスタイルについてちょっと考えてみたいと思います。

 

旅にはいろいろなスタイルがあります。一般的に、みなさん(というか国民の多くの方)が旅行というものの種類・スタイルを考えたときに

①団体旅行(いわゆるツアー旅行)

②個人旅行

に分けられると思うのではないでしょうか?実際たとえば大手の旅行会社のサイトを見ても海外旅行の項目は「ツアー」か「航空券」「ホテル」に分けられていることが多いと思います。このうち「航空券」と「ホテル」を自分で手配するあるいは見つけ出すのは個人旅行と考えてよいのではないかと思います。

人によっては個人旅行=自由気ままな旅行、団体旅行=ツアーコンダクターのいる旅行、というような考えがいまだに残っていらっしゃるかもしれません。ただ、最近は「ツアー旅行」でも「フリープラン」なる、ほとんど事実上の個人旅行を楽しむことのできるプランを販売していたり、自由旅行という新たな言葉が出てきたり、一概に定義するのは難しくなってきているのかもしれません。

 

実際Wikipediaをみても、個人旅行というものには明確な定義はないという前置きの元、いくつかに分類されているようです。もちろん国の法律で決まっているわけではないので、考え方が人によって変わるのは仕方ないのかもしれません。

 

バックパッカーという言葉は、もともとはbackpackすなわちリュックサックを担いで旅する人たちの総称です。おそらく多くの方はこのことに異論はないと思います。ただ、「現代のバックパッカーの定義は?」ということに関しては、先ほどの個人旅行の定義以上に決めつけるのは困難だと思います。

あるバックパッカーは【貧乏旅行する人】というかもしれません。ある人は【秘境を旅する人】【孤独にひたすら世界をみて回る人】というかもしれません。どれもその方の旅のスタイルであって、理解できるものばかりですが、実際自分がバックパッカー(と思われるスタイル)として旅していましたが、実に旅のスタイルは十人十色で、いろいろな考え方があるんだな~と感心した記憶があります。

 

なので、私なりのバックパッカー。それは・・・

 

『自分はどんな旅をしたいのか頭に思い描きながら、背中にbackpackを背負った旅人

 

・・・え?と思ったかもしれませんが、バックパッカーはリュックを背負った人の総称、その中でbackpackを背負い、自分の旅への強い信念をもとに、自らの目で世界をみて回りたいと思っている人がバックパッカーなのかな~と勝手に思っておりました。

 

つまりですね、バックパッカーにはいろんなスタイルがあっていいんじゃないかな?と思うのが本音なのです。別にバックパッカーがすべての旅のスタイルの中で最も素晴らしいともちっとも思いませんし、団体ツアー旅行でしか見れない・体感できないものだってあるわけで、旅のスタイルは優越つけるべきじゃないと思っています。もちろん、個人的にはバックパッカーで得られたものが多かったので、バックパッカーのスタイルを否定する気にはなりません。

 

まあ結論は出すのは難しいし、多分多くのご意見があると思うので結論は出せないんだと思います。でも一つ間違いなくいえることは

 

俺は旅が好き。

 

これにつきます。こういう自由な発想に行きつきました。・・・なんじゃそら。

 

 

今書いてて思いましたが、「バックパッカーは自由」というイメージをお持ちの方は世の中に多いかもしれませんが、僕自身の発想もバックパッカー的な自由さからくるのかな笑

ご自身のことをバックパッカーだと考えているみなさんは、どのような旅のスタイルでバックパッカーをしてらっしゃるでしょうか?

 

 

※ちなみにバックパック=リュックサック=ナップサックです。言葉としてはすべてもともとは同じものを指していて、リュックサックはドイツ語だったはず・・・。ただ日本語で言われると全部同じか?というほど多様化しているような気も・・・。私自身あまりファッションに興味がないのでよくわかりませんが、ファッション業界では定義ってあるんでしょうか?

 

-旅~travel~
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

世界一周して人生観変わりましたか?①

私はかつて世界一周をしたことがあります。もちろんそれがもとにあるために、子連れでも家族でも世界一周をもう一度したいと思っています。 世界一周経験者としてよく聞かれること。それは 「どこ(どこの国あるい …

世界一周のために必要なこと⑦持ち物~旅の七つ道具~

世界中を旅するにあたって、みなさん何を持っていきますか? 必ずこれは持っていく!と決めているものもあるでしょう。あるいはこれは持っていかない・・・というものも。個人的に必ず持っていくものは以下のもので …

マサイマラにサファリしに行ってきました①

まずは日記のような形で記録していこうかなと思います。家族旅行の一部始終をお届けするつもりはありませんが、自分が読者だったら知りたいことはまとめていきたいと思います。お金のこと、ホテルのことなど、旅に必 …

地球の裏側で出会った子と結婚しました~m3.com連載4回目掲載して頂きました~

m3.comさんのメンバーズメディアにおいて、「人生で必要なことはすべて旅が教えてくれた 」4回目の連載を掲載していただきました! m3.comログインできる方はこちらから → 人生激変 地球の裏側と …

ケニア子連れサファリ旅行は安全にできるのか?

ケニア子連れサファリ旅行に関しての安全性について少しお話していこうと思います。結論から申し上げますと   ほぼ全く問題ありません   下の記事も参照いただきながら、まとめていこうと …

 




 

 旅人、元バックパッカー。内科医。18歳の時に約10か月ほどかけて世界一周を経験。西回りに世界を駆け巡り、その後も休みがあれば旅を続け、今まで訪れた国はだいたい60か国くらい。旅で出会った日本人女性と結婚し、妻と子供2人の4人家族。

今まで1人旅・カップル旅を経て、家族旅行するようになっても世界中のどこへでも行く旅好き家族に。

「子供がいるからそこへは行けない」ということがないわけではないけれど、子供たちのためにも、子供たちのためになるのであれば、どこへでも行きたい、世界一周旅行でも行きたいと妄想し続けるアラフォー。まずの目標は「50歳でもう一度妻と世界一周する」。

夢は、世界のすべてをこの目でみること・世界の広さや美しさを子供に、そして世界に広めること。

今の充実した生活の原点を作り出したのが自分にとっては旅だった。見るものすべてが新しかったあの旅の感動は忘れられない。

 

2020年末をめどにアジア某国に家族で移住予定。旅の話とともに、移住の話もお伝えしていこうと思います。

子連れ旅行のことを中心に、役に立てたらうれしくおもいます。

 

Instagram:アイジュ




2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30