子連れでも、世界一周旅行がしたい

旅に行けば、きっと誰でも成長する。世界を旅行するすべての方へ。See A whole new world.

旅~travel~

子連れでアフリカにサファリしに行ったら164万円かかりました

投稿日:2019-08-17 更新日:

マサイマラだけを訪れた場合、数字だけお示しします。私の場合です。

 

マサイマラだけを訪れた場合

家族4人(パパ・ママ・小学生の娘・幼稚園児の息子)で使用した金額= 1,642,966 円 

 

最低でも120~130万前後かかると思います。詳しくは後述。

日数は7~8日間の旅で行けるはずです。飛行機の発着スケジュールによります。さすがにお金はかかりますが、サファリのために行くなら治安を気にする必要がないためその点はとても楽です。日本語ガイドを雇いたい場合の提示された金額などもお伝えしておきます。

 




内訳

今回私たちの子連れ旅行は、ケニア・タンザニア・ドバイを周遊するかなり大掛かりなものでした。したがって、ケニア・マサイマラだけの金額を算出することは若干難しいです。どういうことかといいますと、そもそも私が今回買った航空券は単純にナイロビと東京を往復するチケットではなく、ナイロビへの到着時刻を自分で指定したり、あえて途中でドバイに降りて滞在する(ストップオーバーと呼びます)ことのできる航空券を買っているため、値段が異なるのです。航空券に詳しい方だとわかると思うのですが、若干ナイロビと東京の単純往復よりも割高です。

 

 

私アイジュが、今回の旅行で支払った合計金額=2,868,359円(17日間)

のうち、マサイマラを訪れるために支払った金額(マサイマラ土産込み) = 1,642,966円 (およそ160万円として1人40万円)

 

 

ただし、上記の通り、ナイロビ単純往復のチケットを使った場合は理論最安値:1人11万円=約440000円あたりと計算してみると、少なくとも必要な金額は

 

約1,312,966円(1人あたり約33万円)

 

でした。とはいえ、後でも述べますが、飛行機もそれなりにかかると思っていただいたほうがよく、さらに最安値を取れることはなかなか難しいと思います。実際はやはり私が支払ったくらいの金額にはかかってしまうと思います。

今回我々はセスナ機で移動し、ガバナーズキャンプというところに3泊宿泊しました。日本からのツアーではマサイマラに2泊したり、複数の国立公園を宿泊するプランもあるようですので、どんなプランかを必ず確認するようにしてください。

私個人的には、ファイブスタークラブなどを利用するのも悪くありませんが、現地の手配を引き受けているDODOWORLDを利用したほうが安くあがり、かつ現地のことを知り尽くしていると思うのでお勧めします。ちなみに現地発着ツアーを手掛けているベルトラよりも、DODOWORLDの方が安く済みました。

 

ベルトラのケニアページ
 

DODOWORLD

 

DODOWORLDは料金表みたいなものがないためにわかりにくいのが難点、ベルトラは簡便さがありますが、子連れやグループの値段が高いです。カップルや1人で行くには多少良いのかもしれませんが、子連れなら断然DODOWORLDを推したいです。子供のことを考慮すると、多少なりとも無理をしないプランでいきたいでしょうし、融通をきかせてくれる会社あるいは担当者をお勧めいたします。

なお、すべてナイロビから陸路で行くとすると、さらに安くなるようです。それでも安くても家族4人でおよそ120万円はかかるとお考えいただくほうが良いかと思います。

 

ちなみに大手旅行会社は完全にターゲットが大人特に中高年向けでかつ高い(1人50万~)などのことから、子連れにはあまりお勧めしません。もし親子3代でケニアに行きたいということであれば、日本人が常駐しているマサイマラのホテルが含まれたツアーがおすすめです。こんなようなやつ。

 

初めての方におすすめ 野生動物の宝庫 ケニア マサイマラの休日

 

 

簡単なお金ではないが・・・

100万円以上するといわれて、安い!!!と思う方はかなり少数派でしょうし、もし絶対的な金額として安いと思われたなら今すぐDODOWORLDに連絡して飛行機をexpediaで予約するか、JTBなどのツアー会社に電話していますぐ飛び立ちましょう。今すぐです。

 

Go now , hakuna matata.

 

一般的にはこの160万円は大金だと思います。しかしそれを全く感じさせないような素晴らしい体験でした。

あと倍の金額出しても行っていいです。

それくらい貴重な体験になると思います。

 

ここではお金の話しかしませんので、具体的にどうやってお金を稼ぐかなど、マイレージはどうやって使うあるいは貯めるかなどは述べませんが、いずれにせよお金をためてマサイマラへ訪れる価値は間違いなくあります。ぜひ検討してみてください。




 

マサイマラでのお金詳細

マサイマラのことを中心にお金支払い内訳解説。

おそらくもっとも一般的なものは日本の旅行会社を通じてツアーに参加することだと思います。この場合、日本からの往復チケットと、マサイマラで滞在費など多くのものが含まれています。ハワイなどを訪れるものとは違い、とにかくあらかじめ支払っておく金額は多いですが、現地での支払額はとても少ないです。私の場合はツアー会社を用いずに、個人で納得いくように手配していきましたが、正直自分で手配してもツアー会社にお願いしてもこれは変わらないと思います。

 

<日本で支払ったもの>

羽田⇔ナイロビ飛行機代=(家族4人・エミレーツ航空使用・エコノミークラス・ドバイストップオーバー)=770940円

DODOWORLDに支払ったお金=7520USD=827200円(当時のレート1ドル=110円で計算)

(含まれるもの:Main governor’s camp(ファミリールーム1室の宿泊料・ナイロビからの往復飛行機・マサイマラでのゲーム・食事1日3食・飲料水・飲水のためのガバナーズ特別水筒・ランドリー代)・マサイマラ国立保護区入場料+ナイロビホテル(朝食のみ)・ナイロビでの各空港からの送迎)

 

以上より、日本で支払った金額=1598140円

 

 

<現地支払い>

これに対して現地払いはとても少なく、

 

マサイマラでの支払い=娘のお土産1000円+レストラン25USD+お土産35USD+チップ155USD+マサイ族の村120USD=37850円

行きのナイロビホテルレストラン=6976円

 

マサイマラで払ったお金=44826円

 

つまり4日間いて1人あたり1万円くらいです・・・。

 

え?たった!?

と思うかもしれませんが、それくらい全部パッケージに含まれていました。ここまでお金使わないとは予想外でした。お酒毎日1杯飲んでましたがそれでもこの値段です。まあチップが一番飛んでいく出費かな・・・。

 

ちょっと細かく見ていこうと思います。お土産の値段については物価として別記事で紹介します。

 

※ケニアのサファリはすべてアメリカドルでことが済みます。正直ケニアシリングなくても生きていけます。実際にケニアシリングを見たことがないまま自国に帰っていく外国人は少なくないようです。したがいまして、ここでもドルと円でだけお話しすすめていきます。

 

ケニアシリングは今年?デザインが変更されたようで、結構全体的にお金がきれいでした。左が新札・右が旧札。

1ケニアシリング1.03円くらいとかなので、ほぼ1円で概算してOK。500ケニアシリングの裏はライオンでカッコいいのでお土産にも良いです。

 

 

内訳詳細

①航空券

ケニアへのアクセスは、直行便がありませんので必ずどこかを経由します。中間地点であり時間のロスが少ないこと・航空券代金・安全性などを総合的に考慮すれば、おそらく中国を経由するか、中東を経由するかが一般的かと思います。中国南方航空は安いですが、サービスや対日感情・トラブルなどのことを考慮して中東系の航空会社を選択される方が多いようです。私自身はこだわりはまったくなく、むしろマイレージのことを気にするタイプなのですが、今回はドバイを経由したいという観点からエミレーツ航空を選択しました。

中東系航空会社はきれいでサービスもよいです。wifiもあるし・・・。

 

なお、格安だと11万程度で行けるようにexpediaでは出てきましたが、ピークの時期や航空会社などを考えると、そこまで安く行けるかはかなり経験や旅慣れが必要だと思います。実際は15~20万前後、家族全員で60万前後かかると思った方がよいとおもいます。

 

 ナイロビ往復の航空券一覧

 

なお、JALマイラーの方へ。ドバイ⇔羽田のエミレーツ航空はJALマイレージ加算されません。ドバイ⇔ナイロビの区間だけたまります。

ANAマイラーならエティハド航空なら、JALマイラーなら他にカタール航空かもしれません。詳しいマイルの話はここでは置いておきますが、いずれにせよアクセス・値段・快適性から中東の航空会社をおすすめします。

今回のエミレーツ航空機内の様子は、別途マサイマラへのアクセスについてでお話ししていければと思っています。

 

 

②ツアー会社

日本ですべて旅行代理店に現地の手配するにも、現地の旅行会社に手配するにしても、アフリカのサファリツアーは原則としてツアー会社の手助けが欠かせません。単なる滞在というわけではなく、サファリカーの手配やマサイマラまでの交通方法の確保などを考慮しても、原則的には必ず必要です。正直値段がかなり幅広く、どれが良いというものはありません。おおむね1人当たりの料金は我々の支払った料金と同等か、それ以上になると思います。自分で手配したほうが安そうだったからこそそうしたので、当たり前といえば当たり前なのですが・・・。

日本から行く場合は、経験豊かな道祖神のような会社を選択するか、JTBのような大手を選択するかですが、正直とにかくサファリがしたい!!というようなことであれば、差はないように思います。我々の場合は、どこのホテルに泊まる・ツアーに参加するというより、子供たちがいる環境を考慮してくれるスケジュールを組みたいと思った結果が個人手配でした。もし、お子さん連れで私どものような家族連れで旅をしたい、小回りの利く旅がしたいということであれば、JTBのような大手を選ぶより、道祖神や現地のDODOWORLDのような大きくない会社に相談してみることをお勧めします。

もしご覧いただいているあなたが、この記事が書かれてそんなに経過しておらず、かつ慣れていないので不安だ、でもどうしても行きたい!!!ということでお困りであれば直接メールください。いくらでもご相談に乗ります。※twitterやinstagramのDMが一番welcomeです!

 

 

③ナイロビからの飛行機

ナイロビからのアクセスについては別途の記事でお話しします。ここではお金のこととして話しますが、ナイロビからの飛行機代はすでにツアーに含まれていました。なので個別にいくらなのかは不明です。expediaなどで、今回宿泊したMain Governor’s Camp、Masai Maraというホテルは宿泊だけ予約ができるようですが、宿泊予約した後の飛行機の手配などがどうなっているのかわかりません。少なくとも、DODOWORLDや日本のツアー会社から申し込んだ場合は、基本的に飛行機に追加料金はいりません。

なお、今回は子供たちのことも考えて、ナイロビから車でアクセスすることは考えていませんでしたが、時間があって車酔いなどがない場合は車で行かれることも面白いかもしれません。飛行機手配するより安いとのことでした。

ちなみに後述するのですが、推測するに、飛行機代と宿泊代(食事込み)はおよそ1400ドル/人だと思われます。飛行機だけ別手配するより、旅行会社にまとめて手配していただくことをお勧めします。面倒くさいでしょう・・・。

 

 

④入場料

マサイマラ国立保護区は、入園料のような入場料がかかります。もちろん、寄付してきてもらってもOKですが、ツアーの中に1日大人70ドル子供40ドルの入場料が含まれているので支払う必要はないと思います。したがって現地で取られることはありません。念のためツアー参加の際はご確認ください。

 

 

⑤VISA(査証)

ケニアにはVISAが必要です。1人50ドル、日本で取ると6000円かかります。子供は無料!そんなに混雑していなかったので、ナイロビの空港でとっても良いかしれません。私たちは日本で取得しました。その時の様子は以下の通りです、ご参照ください。

ケニアとタンザニアのVISA

 

 

⑥日本語ガイドを雇いたい場合

DODOWORLDに、子供たちのことを考えて、英語ガイドではなく日本語ガイドを手配できないか?と尋ねたときのエピソードも紹介しておきます。気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

DODOWORLDいわく、もし日本語ガイドを雇うなら

・ガイドがナイロビから同行する形になる

・ガイドが宿泊する料金や入園料、飛行機代も負担していただくことになる

ということでした。ちなみに提示された金額は

ガイド料が3泊4日すべて同行して1550ドル(約17万円)、ガイドさんの宿泊料金・飛行機代・入園料が1430ドル(約15万7000円)とのことでした。

 

以上のことから考えると、入園料はケニア人はめちゃくちゃ安いので(確か10ドルくらい)、飛行機代と宿泊代で1400ドルほどかかっていると思われます。

もし、ガイドをどうしても日本語で雇いたい場合はご検討ください。日本語ガイドを希望される場合は、日本の旅行会社が案内している「日本語ガイド確約!」みたいな方が良いと思います。高くつきますし、あまりメリットはないように思いますが、ご不安もあるでしょうし、言葉を気にする場合はご検討ください。

なお、個人的にはたとえ英語ができなくても日本語ガイドはいらないと思います。ガイドブックは持っていかないと、日本語名がわからないので苦労すると思いますが、もし言葉に不安があるなら、日本人が常駐しているムパタ・サファリクラブに宿泊するだけで良いと思いますし、ゲーム中の通訳はほぼ必要ありません。・・・と思います(;^ω^)

 

 

⑦マサイマラのホテル・レストラン

Main Governor’s Camp、Masai Maraは、洗濯もしてくれるのはとても助かりました。洗濯代金が無料です。洗濯かごに入れておくと、朝回収し、その夕方~夜にはきれいにたたんで持ってきてくれます!下着は洗ってくれませんが、意外とこういうものって重宝するのよね。ホテルで払うのは土産とチップだけ。

ホテル内のレストランは基本ブッフェですが、子供用に「子供専用メニュー」みたいなものが用意されていました。それは無料です。というかアルコールなどの飲料やウエイターに対してチップ払うくらいしかマサイマラのレストランはお金使いません。朝ごはんや昼ご飯を外で食べるpicnicスタイルの食事も追加料金はいりませんでした。アルコールは思っていたよりはるかに安かったです。グラスワイン5ドルくらいでした。あとはカプチーノが追加料金だったかもしれませんが、まあいずれにせよほぼお金かからないと思っていただいて大丈夫です。

ちなみに私たちのホテルは各部屋に飲水専用の蛇口がついていて、そこから自由に水は飲み放題でした。あと、食事中のミネラルウォーター代は取られません

 

 

⑧チップ

はい出ました、我々日本人のようなチップ制度になれていないこの制度。さすがイギリス植民地で世界中から客が集まるだけあって、チップ文化がかなり浸透しています。チップというものはサービス料なわけですから、「自分がいいな」と思ったサービスを受けたらお金を払い、「なんだこいつくそ野郎!!」と思ったら払う必要はありません。日本人は過度なサービスになれているので、サービスを受けるのを料金の範囲内で当たり前と思うかもしれませんが、この考え方は世界的にはスタンダードではありません。なので、例えば

・ガイドさんが本当にいい人で、要求を満たしてくれた → ガイドブックにも書かれているような1日あたり20~30ドル以上のチップを渡すべき

・くそみたいなウエイターで、「はあジャップかぁ・・・」みたいな態度をとった → チップなどくれてやるか!!!!

の精神でOKです。

1日20ドルと決まっているから20ドルあげるとか、チップの文化のある人間から見ると実にナンセンスなようです。もちろん旅慣れていないとき、よくわからないとき、迷った時などは基本的な料金を渡してあげてることは無難です。彼らも実際聞いてみると、「よくわからなかったからあげなかったけど失敗した、彼には世話になったのに・・・」とか「ムカついたけど、まあ最低限のことはやってくれたからいやいや10ドル渡したわよ!信じられない!」とか言っていますwww特にサービスが悪くなかった時のために相場を知っておくことは大事ですが、すごくよかったと感じたら相場以上のチップを渡してあげることはごく自然なことだと思います。

 

ちなみに私は

・ポーターは道が悪くて結構大変そうだった → 1ドル~2ドル/人 チップあげる(個数であげることもありますが手持ちの1ドル札の枚数次第)

・ウエイター(名前すら忘れた・・・JACKだったかなあ・・・)は良い人だけどあんまりなんもしてない → すんごく少ない。3日間で5ドルあげたかな・・・。

・ガイドのmorijoiさん → ヌーの川渡りやヒョウの発見など素晴らしかったので、3日間100ドル前後が相場だったが140ドルあげた。

 

というような感じでした。まあご参考までに。ポーターとウエイター、ガイドにしかあげる要素はないかな・・・。

いずれにせよ慣れていない日本人にはチップってわかりにくいことは間違いありませんよね・・・。困らないときように、1ドル札や5ドル札は多めに持っていくことをお勧めします。

 

 

⑨お土産

マサイマラにはなかなかお土産を買う機会がないかもしれません。ホテルについているショップくらいかな・・・。ホテルのショップは値段はそんな高い値段がついているわけではないです。もし気に入ったものがあればホテルで買ってよいでしょうが、基本的にはナイロビで買うのがベストだと思います。

お土産の値段などについてはマサイマラの物価に関する記事でまたまとめてみます。

マサイ族の村のマーケットはかなりぼったくりです。1/5くらいの値段で交渉開始し、顔色見て駆け引きしてました。とはいえ、マサイ族の村で買うことこそ意味があることかもしれません。社会的な意味、寄付の意味合い、記念、そういう意味でのショッピングはとても良いことだと思います。うちは子供たちに尋ねたところ、息子はいらない、娘はビーズのカチューシャが気に入ったので欲しいといわれたので、交渉して1/4以下で購入しました。それでもナイロビで売っているものよりも2割前後高かったです。ですので、もしマサイ族の村で買うことにこだわりがなければナイロビのお土産ショップで購入することをお勧めします。

 

マサイ族の村のエピソードは以下参照ください。

マサイマラにサファリに行ってきました⑥4日目前編 赤ちゃんはかわいい♡

以下引用。

マサイ族のマーケットはかなりぼったくりなので、旅慣れていたり交渉が慣れていたりしないとムチャクチャ高いです。ボランティアや記念・思い出として買われるなら別ですが、のぞくくらいにしてナイロビで購入したほうが良いです。ナイロビで800~1000ケニアシリングで売られていたビーズのヘアバンドの言い値が40ドル(4000ケニアシリング)でした。その時まったく相場が分からなかったため、結局顔色を見ながら「ここは5倍くらいぼってるだろうな」と勘で1000ケニアシリングまで下げましたが、1000ケニアシリングまで下げるにはかなり時間もかかりました。娘がどうしてもこのヘアバンドが欲しい!と言い出したので交渉し、最終的には娘は大喜びだったので満足です(*’ω’*)

 

なお、ナイロビのジョモケニヤッタ空港はすごくしょぼいので、空港での買い物はそこまで期待しないでください。

レストランが空港に1つありますが、そこの近くにあった革製品のお店は割とセンスが良かったですが、それ以外はしょぼいです。




ーーーーーー

【それ以外】

ザンジバル・ドバイでの使用したお金も含めての金額まとめです。

記録のためにつけておきます。羅列してあるだけですみませんw

 

【ナイロビ編】

ナイロビのお土産=16800円+3204円=20004円

帰りのナイロビホテル宿泊+レストラン=32514円

ナイロビ宿泊⇔ジラフセンターやお土産屋さんまでの車貸し切り(ザンジバルから戻った後の2日間)=280USD=30800円

ナイロビカーニバルレストラン=100USD=11000円(家族4人分)

ケニアのジュラフセンター入場料=4800円(4人 子供は大人半額)

 

 

【ザンジバル編】

ナイロビ⇔ザンジバル飛行機代=156160円

ザンジバル宿泊ホテル代: 315624 (fruit & spice wellness)+16671(ストーンシティ1泊)=332295円

ザンジバルツアー代(プリズンアイランド) 135ドル(大人50ドル×2+小児35ドル)=14850円

ザンジバルその他代(空港送迎120USD+レストランや税金30907円+チップ30USD+屋台など含めて両替した150ドル+土産63USD)=70837円

息子と娘のお土産・プレゼント代=60USD+3990=10590円

その他ドライバーやポーターへのなんだかんだでチップ=50USD=5500円

 

【その他】

ケニア・タンザニアVISA代=34000円

薬・ワクチン代=270000円

 

 

 

【ドバイ編】

ホテル(アトランティスザパーム、朝食付き・ラウンジ使用付き・水族館無料・ウォーターパーク無料)=122778円

ホテル内での支払いやお土産もろもろ込み=52507円+2416円

両替=14575円(使い切ってないものはお土産)

ドバイの宝くじ=29767円

 

日本国内の交通費 帰りタクシーおよそ 10000円

 

以上合計 2,868,359円(17日間)

 

ーーーーーーー

まあおよそ300万だと思います。私自身は旅程すべてで500万くらい使うつもりだったので、思った以上に安くて驚きました。事前に支払った金額くらい現地では使わされるのじゃないかとひやひやしていたのですが、実際には使わなかったのが大きかったです。

 

もし、ほかにもこれはどうか?あれはいくらなのか?ということがあれば追記していきますので遠慮なくご連絡ください。

長くなったこともあるのでお金の話はとりあえず以上です。あとは思い出したものを他の記事まとめているうちに思い出したらかき出していこうと思います。

 

ポチお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村

-旅~travel~
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ケニア旅行の移動~セスナが早い?陸路のほうが安い?~

ケニア国内をサファリ目的に旅行するときに、ナイロビとマサイマラ国立保護区などのサファリができる場所に移動する際、飛行機で移動するか車で移動するかという2つの選択肢があります。地図が分かりにくくても申し …

m3.comで連載させていただくことになりました

続きです。 この4つの自分の中の要素を考えたときに一番根底にある「旅人」としての自分で、いつかお金を稼いだり、人様に貢献したり、あるいは旅のすばらしさを伝え、人を豊かにしてみたいという野望が私にはあり …

ケニア家族旅行でマサイ族に会いに行った

マサイマラに訪れた際に、現地のガイドやホテルのスタッフにも必ず行ってみないか?と勧められるのがこのマサイ族の村訪問。 日本でも知名度のとても高いマサイ族に会える・・・ということもあって、興味もあったの …

世界の絶景④ マサイマラ国立保護区

多くのアフリカの動物が見ることのできるサファリ。そのサファリができる世界でも有数の国立公園(保護区)が、ケニアにあるマサイマラ共和国です。 マサイマラ国立保護区の場所ですが、ケニアという国にあり、タン …

訪れたことのある国一覧

自分への覚書として、訪れたことのある国を一覧にしてまとめています。全然内容のない記事ですみません。今後のブログ記事やm3.com記事に必要かなと思ったのでまとめているだけです。   【メモ】 …

 




 

 旅人、元バックパッカー。内科医。18歳の時に約10か月ほどかけて世界一周を経験。西回りに世界を駆け巡り、その後も休みがあれば旅を続け、今まで訪れた国はだいたい60か国くらい。旅で出会った日本人女性と結婚し、妻と子供2人の4人家族。

今まで1人旅・カップル旅を経て、家族旅行するようになっても世界中のどこへでも行く旅好き家族に。

「子供がいるからそこへは行けない」ということがないわけではないけれど、子供たちのためにも、子供たちのためになるのであれば、どこへでも行きたい、世界一周旅行でも行きたいと妄想し続けるアラフォー。まずの目標は「50歳でもう一度妻と世界一周する」。

夢は、世界のすべてをこの目でみること・世界の広さや美しさを子供に、そして世界に広めること。

今の充実した生活の原点を作り出したのが自分にとっては旅だった。見るものすべてが新しかったあの旅の感動は忘れられない。

 

2020年末をめどにアジア某国に家族で移住予定。旅の話とともに、移住の話もお伝えしていこうと思います。

子連れ旅行のことを中心に、役に立てたらうれしくおもいます。

 

Instagram:アイジュ




2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930