子連れでも、世界一周旅行がしたい

旅に行けば、きっと誰でも成長する。世界を旅行するすべての方へ。See A whole new world.

旅~travel~

世界放浪医師が説く、人生設計とは ~m3.com連載5回目の転載~

投稿日:2019-07-02 更新日:

m3.comのメンバーズメディアにて連載させていただいている「人生で必要なことはすべて旅が教えてくれた 」5回目の連載です。

この5回目は、正直旅そのものの話はあまり出てこず、抽象的な話を終始しています。旅を通じて得た面白い・興味深い話をすることと同時に、私が感じてきたこともお話しするのが必要だろうと感じて書かせていただいています。旅人というより、多くの方にも利用して頂けるように思っています。もちろん人には向き・不向きもありますので一概にも言えませんが、ぜひ人生計画は立てていただくのが良いかと思います。

 

医学部を即休学したバカ息子~m3.comでの連載記事1回目~

世界放浪した医師の「旅」のすすめ~m3.com連載2回目~

世界一周旅でテロに会う?~m3.com連載3回目~

人生激変 地球の裏側と妻と出会う~m3.com連載4回目~




ーーーーーーーーーーー

50歳でもう一度世界を一周すると決めた理由

25歳の時に妻と結婚し、私たちは一つの誓いを立てました。それは50歳になるとき、つまり25年後にもう一度世界を一周しようという目標です。この年齢を設定したのはいくつかの理由が私の中であるのですが、これらは以下の仮定(仮説?)に基づいています。

 

1)若いうちに、動けるうちに行かないと旅先では体がついていかない
2)とはいえ若すぎても経済的・子どもの教育的にもよろしくない
3)子どもが成人する前後でかつ自分たちの身体がまだついてくる年齢が50くらい?

 

もともと決して2人とも体力があるタイプではないし、若い時と同じような旅の仕方はできないと思っています。そこで私ら夫婦にとっては、50歳でその目標を設定することが良いのではないかと決めました。

結果論なのですが、こういった目標を定めることは自分たちの意欲を高めるだけでなく、その目標に向かって何をすべきかということをわかりやすくする意味でもとても良かったと思っています。今でも自分が何をすべきかと悩んだときや何かにぶつかったときに、この「50歳で世界一周する」ことを常に思い浮かべるようにできるからです。

 

目標をたてることで、何のために生きているのか明確になった

私には根底にある譲れない考え方として「もう一度世界を一周する」とともに「妻と子どもを一生大切にする」というものがあります。旅に魅せられても、もう一度すぐに世界一周をしようとかそういう発想に至らなかったのは、医師として成長したかったということもありますが、子どもを早くに授かりたかったし、家族というものの大切にしていきたいと私が心から考えていたからなのだと思います。

考え方は人それぞれではありますが、私にとってこの2つを達成できるであろうと考えて設定した目標が「50歳でもう一度世界一周」であり、その達成に必要なことは何か、と常にシンプルに考えられるようになりました。

医師として邁進していくことはもちろんのこと、世界放浪を再度するために必要なお金を集めたいと始めたのが株式投資を含めた資産運用でしたし、幸い子どもも順調に授かることができ、常にこの目標を考えることで私の人生は進んでいっています。もちろんすべてが計画通りではありませんが、今もこの目標に向かって突き進んでいることには変わりありません。




人生を考えるにあたり太い柱となる 大きな目標を立てることの意義

私は当初この目標を立てたのはそこまで深い意味ではなく、もう一度世界を一周したい!それを具体的な数字として自分の中に刷り込んでいけば必ずそうなる!!といういわば自己啓発のような意味合いもあったのかもしれません。

しかしそれが結果的に、自分の大好きな趣味・根底にあることを肯定したうえで、人生を考えるにあたって強く太い柱になりました。こうした体験から、私は10年ごとに人生プランを考える長期人生目標を立てたりもしていて、そのことを常に意識しながら行動するようにしています。医師として、旅人として、家族として、それぞれを見据えた計画を立てることの意義はあるのだなと考えたのです。

もちろん思い通りに行かないことなどいくらでもあるのですが、ぜひ多くの方々に、短期的であれ長期的であれしっかり人生プランを立てることの重要性をお伝えしたいと思います。数年後あるいは数十年後の大きな人生の目標を立てていただき、それに邁進することの楽しさ・良さを感じることを私は旅から得ました。旅は人生のすべてを教えてくれているというのはこういったことからも言えると思っています。

 

まとめ

私は、旅を通じて計画を立てることの重要性を感じつつ、50歳でもう一度世界を一周することを夢見ています。そんな私はどんなことを考えたりしながら旅をしているのか、そのことについて次回はお話ししていきたいと思います。

ーーーーーーーーーーー

 

m3での連載は不定期に転載させていただくので、アフリカの記事やその他の旅の記事が見にくくなって申し訳ありません。

長期休みにも入ったので、ブログの構成を今後も進めてやっていこうと思っています。見やすくしたい!

よんだらポチお願いします!頼みます(*’ω’*)!
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

「旅人」経験が医師として役立つ理由~~m3.com 連載6回目~

旅費代を稼ぎたい\(^o^)/

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
http://www.chobirich.com/introduce/?93254

-旅~travel~
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ケニア家族旅行でマサイ族に会いに行った

マサイマラに訪れた際に、現地のガイドやホテルのスタッフにも必ず行ってみないか?と勧められるのがこのマサイ族の村訪問。 日本でも知名度のとても高いマサイ族に会える・・・ということもあって、興味もあったの …

タンザニア子連れ旅行まとめ

ケニアに子連れでサファリしに行ったときに、タンザニアのザンジバル(リゾート)でゆっくりしてきました。 日記風になっているものもありますが、旅の情報もまとめています。皆様が少しでも「子供連れてもタンザニ …

野望~ある旅人の独り言~

ふと旅行人を手に取って読んでみた自分がいた。 今のバックパッカーの方々や旅好きの方はあまりご存じないかもしれないが、当時の旅行人といえばバックパッカーならだれでもその存在を知り、特にチベットのガイドブ …

子連れでアフリカにサファリしに行ったら164万円かかりました

マサイマラだけを訪れた場合、数字だけお示しします。私の場合です。   マサイマラだけを訪れた場合 家族4人(パパ・ママ・小学生の娘・幼稚園児の息子)で使用した金額= 1,642,966 円  …

マサイマラにサファリに行ってきました⑤3日目後編 そしてヌーが渡った!!!

前回の続き。ヌーの川渡りを見に来たもののなかなか見ることはできません。子供たちに尋ねると、飽きてきたり暑くて体力的にはきつくなり始めているものの、「がんばってみる!」という子供たちの決意を感じとり待つ …

 




 

 旅人、元バックパッカー。内科医。18歳の時に約10か月ほどかけて世界一周を経験。西回りに世界を駆け巡り、その後も休みがあれば旅を続け、今まで訪れた国はだいたい60か国くらい。旅で出会った日本人女性と結婚し、妻と子供2人の4人家族。

今まで1人旅・カップル旅を経て、家族旅行するようになっても世界中のどこへでも行く旅好き家族に。

「子供がいるからそこへは行けない」ということがないわけではないけれど、子供たちのためにも、子供たちのためになるのであれば、どこへでも行きたい、世界一周旅行でも行きたいと妄想し続けるアラフォー。まずの目標は「50歳でもう一度妻と世界一周する」。

夢は、世界のすべてをこの目でみること・世界の広さや美しさを子供に、そして世界に広めること。

今の充実した生活の原点を作り出したのが自分にとっては旅だった。見るものすべてが新しかったあの旅の感動は忘れられない。

 

2020年末をめどにアジア某国に家族で移住予定。旅の話とともに、移住の話もお伝えしていこうと思います。

子連れ旅行のことを中心に、役に立てたらうれしくおもいます。

 

Instagram:アイジュ




2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930