子連れでも、世界一周旅行がしたい

旅に行けば、きっと誰でも成長する。世界を旅行するすべての方へ。See A whole new world.

旅~travel~

大金かけライオンキングの世界へ~m3.com 15回目の連載~

投稿日:

m3.comで連載させていただいています、「人生で必要なことはすべて旅が教えてくれた」の連載15回目です。
ブログでもご紹介させていただいていますように、私は子連れでケニア・タンザニア・ドバイのアフリカ・UAE旅行に行ってまいりました。

 

その際のあまりにも感動した勢いで、m3.comの編集部の方に無理を言ってこの連載記事を追加させていただきました。万人にもお勧めできるすばらしい土地、ケニア・マサイマラ。ライオンキングの舞台へぜひ興味あれば訪れてみてください。

 



 

皆様、こんにちは。都内で病院勤務をしているアイジュです。私は、18歳の時に世界一周を経験し、今では60カ国を超える国・地域に足を運び、この目で世界を見てきました。人生で必要なことをすべて旅で学んだと確信しており、それは医師としての人生にも大きく影響を及ぼしました。

本連載では、忙しさから世界を狭めてしまっているとお悩みの医療従事者の方が多くいらっしゃることから、「旅で広がった世界観」について、自身の経験を通してお伝えしていきます。

さて、今年の夏休み、私は家族でケニアのマサイマラ国立保護区へサファリ旅行に行ってきました。まるでライオンキングの世界!あまりにもその旅が感動的であったため、その魅力を連載の番外編としてお伝えできればと思います。

 

何万頭といる野生動物の大群、地平線が見えるような大草原。ケニアのサファリは格が違う

ケニアでのサファリは、世界中を訪れてきた私にとって久しぶりの万人におすすめできる旅行先でした。ご存知の方も多いかもしれませんが、サファリとは、アフリカ大陸で野生生物を鑑賞する旅行を指します。いわゆるライオンやゾウなど、アフリカならではの動物を見に行く旅行です。ケニアサファリ旅行では、運が良ければヌーの大移動・川渡りなどを目撃できる場合もあります。この夏休みに私たち家族は、ケニアのマサイマラ国立保護区という、世界的にも有名なサファリの名所を訪れました。

今回は、小学生と幼稚園児の子供たちを連れて行ったのですが、出発前はとても不安でした。長い飛行機を乗りわざわざアフリカまで行っても、子供たちが楽しんでくれなかったらどうしよう、と考えていたのです。なぜなら、15年以上前に私は南アフリカでサファリを経験したことがあるのですが、その際、思ったよりも動物が少なく、動物を探すのに苦労したという思い出があったからです。

しかし、ケニアのサファリは格が違いました・・・。

 

写真

TVでも特集されることの多いヌーの川渡り。1万頭以上のヌーが次々と渡り、大地が震えるようでした

 

ケニアのサファリではものすごい数の動物が見られます。とにかくすさまじい数。何百とかそういうレベルじゃなく、万という単位です。1万ものヌーの大群が川を渡る姿は、ただただ圧巻でした。そして、目の前には地平線も見えるような素晴らしい大草原。思わず涙が出ました。

 

子連れにこそお勧め、ケニア、サファリの旅

子供が小さなうちは、旅先にも制限があります。以前もお伝えしましたが、私たち夫婦が家族旅行先を選ぶ際には、「子供が心から楽しんでくれるか」「子供が旅を特別なものだと感じてくれるか」を意識しています。

ケニアサファリ旅行では、「今まで動物園でしか見ることのなかったカッコいい動物たちを、自然な形で見ることができる」という特別な楽しい体験ができました。子供たちにとっても、間違いなく最高の体験の一つになったと思います。

ケニアのサファリは、雄大な大地にいながら、弱肉強食の厳しい世界で生きる動物たちの世界にお邪魔させてもらい、その自然の偉大さを感じることのできる、教育的にも極めてお勧めの旅行先です。

サファリはマラリアや旅行者感染症のリスクも少なく、都市部のように治安が悪いという目にも合いません。むしろ危険なものはカバやゾウ、ライオンなどの肉食動物などという、非日常が体験できる世界です(笑)。世界中から非常に多くの方がこのサファリに来るというだけあって、驚いたことにサファリ周辺には高級ホテルもありました。

写真
写真

宿泊したホテルにて。立派なベッドにバスタブもあるような広いコテージに宿泊しながらも、
レストラン会場にはカバやイボイノシシが普通にあいさつに来てくれたりします

 

ケニアでのサファリは、控えめに言ってもぶっちぎりで一番良かった渡航先

世界中いろんな国を渡り歩いてきましたが、「がんばって一度はお金を貯めて行くべきだ!」と感じた場所は久しぶりでした。旅好き・動物好きのお子さん連れの方には特にお勧めですが、お子さんの有無に関係なく、一度はケニアのサファリを訪れることをお勧めします。
控えめに言って、今までの家族旅行でぶっちぎりで一番良かった渡航先です。

写真

ライオンも毎日見られます。かわいい赤ちゃんもたくさんいました

 

旅費は家族4人で約160万円。その金額を超える有意義な体験ができる!

興味を持たれた先生方にはぜひ行っていただきたいケニアのサファリではありますが、お金がどのくらいかかるのかが気になる先生も多いかと思います。我々の場合は、現地滞在費・ツアー代などすべて込みで、家族4人で1,642,966万円の旅費がかかりました。(マイレージなどは一切使用していません。)
決して安い金額ではないですが、1人あたり40万円程度で今回の経験ができたと考えると、私としては非常にお得な体験だったと思っています。そのくらい感動できる旅でした。

旅の日程については、7日間あるいは8日間ほど必要だと思います。休みを取るのが難しい先生方には厳しいかもしれませんが、夏休みなど長期休暇を利用すれば訪れることは十分可能だと思います。

私は費用対効果で考えたら非常に有意義な経験だったと思いますが、支払う金額が大きいため、躊躇される先生も多いかもしれません。少しでも興味を持たれた先生がいらっしゃれば、騙されたと思って、ぜひケニアのサファリに行くことをご検討ください。人生観が変わるような、素晴らしい経験ができると思います!

もし、この金額をみて「安い!」と思われた先生がいらっしゃれば、今すぐ休みの調整をして旅行会社にコンタクトをとりましょう(笑)。インスタ映えも間違いありません。65カ国旅歩いてきた私が、抜群のオススメスポットとして自信をもってお伝えします。

 

写真

見渡す限り大草原と多くの動物です。とにかく半端な数ではないです!



まとめ

今回は、まるでケニア大使館のスタッフであるかのように、ケニア旅行をお勧めしてしまいました笑。

しかしこの旅行は、子連れとしても、一個人としても、あまりにも素晴らしかったので、ぜひ皆様にお伝えしたい!と考えた次第です。妻とも話していましたが、「いや~今回の旅先は本当に行ってよかった、感動した」と、家族一同納得の旅でした。

多くのm3.com会員の皆様にも、ケニアの大地から生命の力強さ・自然の素晴らしさなどを感じ取っていただき、その後の人生を豊かにしていただきたいと思い、今回の投稿をいたしました。学生・研修医から年配の方々まで、ぜひ機会があれば、人生で一度はケニアのサファリを訪れてみてください。

ケニアの各種まとめなどでこの話は詳しくご覧になれますので、もしよろしければのぞいていってみてください。

アフリカ子連れ旅感想まとめてみた

アフリカ行きたくなったらポチしてね♪
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

-旅~travel~
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アフリカに子連れで行くことにした②~子連れでケニア・タンザニア~

前回の続き アフリカに子連れでいくことにした① アフリカ旅行に決めたアイジュ家。なんでケニア・タンザニアにしたのかの理由をお話ししておこうと思います。   1.サファリをしたいという妻と子供 …

m3.comで5回目の連載掲載していただきました

私が先月からさせていただいている、m3.comさんでの連載「人生で必要なことはすべて旅が教えてくれた」の5回目が掲載されました。 医師会員でない方は申し訳ございません、週明けまでには記事をこちらのブロ …

マサイマラにサファリに行ってきました⑧5日目 さよならマサイマラ

楽しかったマサイマラでの日々も、今日で最終日・・・短い!旅行記のつもりで、「日本を出てから5日目」なんだけど、「マサイマラでは4日目」だから少しわかりにくくなってしまって反省。 このマサイマラを満喫し …

世界一周旅人が思う世界3大がっかりの感想

「世界3大がっかり」という言葉があることはご存知でしょうか? 世界を飛び回る旅人たちが、期待していったのにがっかりしてしまうほど期待外れだった史跡・観光名所はどうしても世の中には存在します。それらの中 …

投資家と旅人と医者と

投資家として、twitterやブログで情報を発信?し、様々な投資仲間の方々とつながっていくことができ、大変感謝しております。わたくしのような弱小投資家が自由億どころか100億以上の資産を目指すような凄 …

 




 

 旅人、元バックパッカー。内科医。18歳の時に約10か月ほどかけて世界一周を経験。西回りに世界を駆け巡り、その後も休みがあれば旅を続け、今まで訪れた国はだいたい60か国くらい。旅で出会った日本人女性と結婚し、妻と子供2人の4人家族。

今まで1人旅・カップル旅を経て、家族旅行するようになっても世界中のどこへでも行く旅好き家族に。

「子供がいるからそこへは行けない」ということがないわけではないけれど、子供たちのためにも、子供たちのためになるのであれば、どこへでも行きたい、世界一周旅行でも行きたいと妄想し続けるアラフォー。まずの目標は「50歳でもう一度妻と世界一周する」。

夢は、世界のすべてをこの目でみること・世界の広さや美しさを子供に、そして世界に広めること。

今の充実した生活の原点を作り出したのが自分にとっては旅だった。見るものすべてが新しかったあの旅の感動は忘れられない。

 

2020年末をめどにアジア某国に家族で移住予定。旅の話とともに、移住の話もお伝えしていこうと思います。

子連れ旅行のことを中心に、役に立てたらうれしくおもいます。

 

Instagram:アイジュ




2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031