子連れでも、世界一周旅行がしたい

旅に行けば、きっと誰でも成長する。世界を旅行するすべての方へ。See A whole new world.

旅~travel~

200歳のゾウガメに会ってきた~ザンジバル子連れ日記~

投稿日:

ザンジバルでの家族旅行日記の続き。ほとんど滞在していたホテルで過ごしましたが、ザンジバル島から少し行ったところにある、プリズンアイランド(Prison Island)というところにツアーで行ってきました。その時の様子です。

ケニアタンザニア子連れ日記6日目後編~The fruit & spice wellness Resort Zanzibarの様子②~



Prison Islandとは?

 

ザンジバルの沖合約3㎞程度のところにある、きれいな海に囲まれた島。かつて囚人たちの監獄として計画されて立てられた建物が残る、Prison Island。日本語で直訳すれば監獄島ですかね。実際に奴隷の監獄として使われたことはないそうですが、いまだに名残でそう呼ばれているようです。観光地化されていて、非常に多くの観光客が訪れています。

 

ザンジバルの本当から、ぷかぷか浮いている船でその島へ向かいます。30分くらいかけてゆっくり進むと・・・。

 

到着。これがプリズンアイランドです。

このプリズン島、この中のホテルも存在していて、宿泊したりレストランで食事をしたりすることもできます。ビーチや海も非常にきれいであるため、それだけでも魅力的なのですが、この島が有名なのには理由があります。それがゾウガメの存在です。

 

 

かつてセーシェル島から送られてきたゾウガメを、当時の総督たち現地の方々が大切に繁殖させた結果?数を増やしていき、今では100頭は優に超えるゾウガメたちがここで暮らしているとのこと。しかし本当にいっぱいいます。

 

 

あかちゃんカメもたくさんいます。ガイドさんの話では、「年齢によっている区画を分けて保護している。ここはさながら保育園とか幼稚園ですね!」と言っていました。

そしてこの亀たち、何と年齢が甲羅に書かれています!どういうことかというと、保護の目的で、何歳なのか一目でわかるようにしてあるらしい。

 

この亀なら133歳・・・というようにね。

 

・・・ん?133歳!?

 

と驚く我々(*’ω’*)そらそうですね、カメは長生きですからね・・・。にしても133歳か・・・。すみませんこんな若造がお邪魔しちゃって( ゚Д゚)

ゾウガメは長生きとは知っていましたが、こうも100歳越えのカメがたくさんいるとなんか不思議です・・・。それくらいたくさんいます。



最高齢は193歳・・・

 

そして、島内の最高齢がこの方!なんと御年 193歳!!!!

 

  

なんか甲羅欠けとりますが( ;∀;)

長生きしてください・・・お達者で・・・。

 

さて、このプリズンアイランド、なんと餌やりができます!

この時間がちゃんと守られているのか不明ですが、エサはあげ放題。なぜならそこらへんにたくさんエサが落ちているから・・・。

 

間近で見ると恐竜みたい・・・。食べている時の動画はインスタに載せてみましたのでご興味あればぜひw

 

 

帰りは再び船に乗って帰ります。カメに触った後はしっかり手を洗いましょう!

 

食事などはついていませんが、ホテルからのツアー代(プリズンアイランドまでの送迎・船・入島料金込み) 135ドル(大人50ドル×2+小児35ドル)=14850円で思ったより楽しめて大満足でした!!さらに未就学児の息子は無料でした!すばらしい~(*’ω’*)

 

ゾウガメと戯れることのできた良い体験でした。

 

ポチお願いします

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村



-旅~travel~
-, , , , ,

執筆者:


  1. […] 200歳のゾウガメに会ってきた~ザンジバル子連れ日記~ […]

comment

関連記事

タンザニア子連れ旅行まとめ

ケニアに子連れでサファリしに行ったときに、タンザニアのザンジバル(リゾート)でゆっくりしてきました。 日記風になっているものもありますが、旅の情報もまとめています。皆様が少しでも「子供連れてもタンザニ …

旅人が考える英語について

5月から続けている、m3.com内の旅にまつわる連載の16回目・17回目の転載です。医師向けに書かれている記事ですので、一部わかりにくい、あるいは不適切な表現があるかもしれませんがご容赦ください。 今 …

私が「海外移住」を決断するまで

m3.com22回目から数回分の連載は、旅のことから少し外れますが、私自身が来年に予定している海外移住の件についての記事が続きます。 したがってまとめて記載するかどうか悩んだのですが、ひとまず連載と同 …

世界一周してがっかりした7大スポット後編

後編です。前編はこちらから。4番目以降のアルプス山脈からご紹介します。この後編は、どちらかというと天気や工事・状況がよくなかったなど、それ自体が悪かったというより環境が大事だな~と感じた史跡たちです。 …

南アフリカ共和国とはどういう国か?~ラグビーから見るRSA~

ラグビーのワールドカップが日本で行われています。皆様熱戦をご覧になっているでしょうか? ラグビーというスポーツは日本ではあまりなじみがなかったり、以前の花園のような大学ラグビーの印象が強い世代の方もい …

 




 

 旅人、元バックパッカー。内科医。18歳の時に約10か月ほどかけて世界一周を経験。西回りに世界を駆け巡り、その後も休みがあれば旅を続け、今まで訪れた国はだいたい60か国くらい。旅で出会った日本人女性と結婚し、妻と子供2人の4人家族。

今まで1人旅・カップル旅を経て、家族旅行するようになっても世界中のどこへでも行く旅好き家族に。

「子供がいるからそこへは行けない」ということがないわけではないけれど、子供たちのためにも、子供たちのためになるのであれば、どこへでも行きたい、世界一周旅行でも行きたいと妄想し続けるアラフォー。まずの目標は「50歳でもう一度妻と世界一周する」。

夢は、世界のすべてをこの目でみること・世界の広さや美しさを子供に、そして世界に広めること。

今の充実した生活の原点を作り出したのが自分にとっては旅だった。見るものすべてが新しかったあの旅の感動は忘れられない。

 

2020年末をめどにアジア某国に家族で移住予定。旅の話とともに、移住の話もお伝えしていこうと思います。

子連れ旅行のことを中心に、役に立てたらうれしくおもいます。

 

Instagram:アイジュ




2022年1月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31