子連れでも、世界一周旅行がしたい

旅に行けば、きっと誰でも成長する。世界を旅行するすべての方へ。See A whole new world.

医療~medical~ 旅~travel~

旅行医学の豆知識~飛行機内の換気~

投稿日:2015-05-23 更新日:

エボラ出血熱の騒動をみなさん覚えていますでしょうか?まさにパンデミックというにふさわしいほど世界は混乱していました。日本では幸い国内での発症確認はありませんでしたが、何人かの方が隔離の上感染の有無をチェックされていたのは記憶に新しいと思います。特にそのうちの1人の方が近医を受診されていたとのことで、医者の間でも話題になりました。




そんな中、「飛行機の中で感染が伝染する」というような報道もありました。実際はエボラ出血熱は空気感染せず、接触感染が主体と今までの報告ではされていますので、パンデミックのようなことになるのはその患者さんの下痢がとびちってみんな触ってしまったとかなどという、ある特殊な条件下でなくては起きる可能性は低いと思いますので、実際にはそんなことはないのではないかと思います。もちろん医学に絶対はありませんので可能性は0ではないです。

そんなときふと思ったんですが。

 

飛行機内の換気ってそういえばどうなっているのだろう?

 

 

実は、この答えがなんと旅行医学の教科書的な本に書いてあったんです!びっくり。

簡単に言うと空気の半分を機内からの再利用、半分を外気からの空気を特殊な機械を使って圧縮して利用しているらしいです。つまり常に送られてくる空気の半分は機内の再利用らしいです。

 

再利用している空気が半分もあるならウイルスとか蔓延しちゃうじゃん!と思いませんか?僕も思いました。ただ、びっくりしたんですが「飛行機の機内は普通の家庭やビルより圧倒的に換気されている」あるそうです。知ってました?

 

つまり、飛行機の中は2~3分に1回すべての空気が入れ替わるようなつくりらしいですが、普通の家庭では家の中の空気がすべて入れ替わるのは10分以上かかるらしいです。したがって、ビルや家庭に比べて明らかに空気の入れ替えが頻回に行われているそうです。

 

さらに、特殊なウイルス粒子も除去可能とされているフィルターも搭載されている上に、機内の空気の流れを管理し機体の遠くまで広がらない仕組みを採用しているとのことで、かなり感染に対して気を配っているようです。(気を配ってそうなっているのか、結果的にそうなったのかは知りませんが・・・。)

 

へえ~って思ってしまいましたが、さらなる改良を目指して大きく注目された高校生もいるようで。すごいですね。

 

Meet the teen who just won $75,000 for inventing a system to keep germs from spreading on airplanes

 

 

参考文献;Elaine C.Jong, Christopher Sanford :The travel and tropical medicine manual.




-医療~medical~, 旅~travel~
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

世界の絶景① 世界遺産マチュピチュ

日本人が死ぬまでに訪れたい、一生に一度は見たい史跡として必ず上位に食い込んでくるのがこのマチュピチュ(machu picchu)です。天空の城ラピュタのモデルの1つとも言われており、聞いたことのある方 …

ケニアタンザニア子連れ日記6日目後編~The fruit & spice wellness Resort Zanzibarの様子②~

続きです。 ケニアタンザニア子連れ日記6日目前編~The fruit & spice wellness Resort Zanjibarの様子①~ スタッフと食事が最高だった! 我々が今回宿泊 …

m3.comで11回目の連載掲載していただきました

私が5月からさせていただいている、m3.comさんでの連載「人生で必要なことはすべて旅が教えてくれた」の11回目が掲載されました。 医師会員でない方は申し訳ございません、数日中には転載する予定でおりま …

マサイマラにサファリに行ってきました③2日目後編 マサイマラゲーム!

マサイマラに到着し、いよいよサファリ(ゲーム)が始まります! マサイマラにサファリに行ってきました②2日目前編 ナイロビ→マサイマラ 初ゲーム 「15時半にフロント前の駐車場に来てください!」とチェッ …

アフリカに子連れで行くことにした⑦~ここまでのまとめとお金の話~

かくして、ルートも決め、結局たくさん楽しんじゃえ!というパリピアイジュ夫婦は、子供達とともに2週間以上のUAE・ケニア・タンザニア周遊旅へ出かけることとしました。 アフリカに子連れでいくことにした⑥~ …

 




 

 旅人、元バックパッカー。内科医。18歳の時に約10か月ほどかけて世界一周を経験。西回りに世界を駆け巡り、その後も休みがあれば旅を続け、今まで訪れた国はだいたい60か国くらい。旅で出会った日本人女性と結婚し、妻と子供2人の4人家族。

今まで1人旅・カップル旅を経て、家族旅行するようになっても世界中のどこへでも行く旅好き家族に。

「子供がいるからそこへは行けない」ということがないわけではないけれど、子供たちのためにも、子供たちのためになるのであれば、どこへでも行きたい、世界一周旅行でも行きたいと妄想し続けるアラフォー。まずの目標は「50歳でもう一度妻と世界一周する」。

夢は、世界のすべてをこの目でみること・世界の広さや美しさを子供に、そして世界に広めること。

今の充実した生活の原点を作り出したのが自分にとっては旅だった。見るものすべてが新しかったあの旅の感動は忘れられない。

 

2020年末をめどにアジア某国に家族で移住予定。旅の話とともに、移住の話もお伝えしていこうと思います。

子連れ旅行のことを中心に、役に立てたらうれしくおもいます。

 

Instagram:アイジュ




2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30