子連れでも、世界一周旅行がしたい

旅に行けば、きっと誰でも成長する。世界を旅行するすべての方へ。See A whole new world.

各国一言メモーcountrymemoー

各国一言メモーニカラグア編REPUBLICA DE NICARAGUAー

投稿日:

みなさんニカラグアってご存知ですか?

googleからお借りしました。ホンジュラスとグアテマラに挟まれたような小国です。ニカラグアって何が有名なんだろう今でも思い出せません笑

面白かったのはコーン島という不思議な田舎の島でした。とってものんびりしていて・・・。

あと覚えてるのは、「TOKIO」っていうと自動車整備所のこと指していたことかな。面白かったです。TOKIOから来たよっていうと自動車のことを指さすのでなんなんだろうな~って思ってました。あれって本当はなんなんだったんだろう?

 

2005年春、妻と(当時は恋人でしたが)行った時の感想です。

 

今回の旅行の目玉であったこのニカラグア。何もなく、バックパッカーすら訪れないこの国が一番の思い出となったのは、貧乏旅行の良いところか!?人も親切で、内戦集結間もないことと観光地でないことから素朴であることをよく感じられてとても良かった。雰囲気がいいとは言い難く被害にあっている人も割といるようだが、「意味不明なほど」何もない国であるのがおもしろかったのである。

ただし。正直に言って、コーン島がすべての印象を良くしているだけなのかもしれない。そのくらい、コーン島はすばらしかった。すべての時間がゆっくりで、時間を気にせず生活し、美しい海に住みながらそのことも気にせずに生きている人々を見たのはイースター島以来だったなと思う。今後ツーリストが増えていくだろうが、イースター島もコーン島も、昔と変わらぬ時を過ごし続けていってほしいと願っている。

 

ニカラグアの中にコーン島っていう島があるんです。とってものんびりした島。

海はきれいだし、人はいいし、珍しいことに英語が通じるんです。中米は基本的にスペイン語ですが、英語を話す黒人たちの方がいらっしゃるので、割と英語で話しかけても通じるってことが多かったような気がします。ものすごくなまっててわかりにくかったけど。

 


 

 

特に覚えてるのが、とにかくレストランでの料理・準備の遅さ。なぜかパンを注文しても出てくるのは30分後。エビの煮込みスープは1時間以上出てこない。とにかく世界広しといえどあそこまで食事がおそかったのはコーン島だけでした。

 

「パンなんて30分後にでてくることありますよ?」っておっしゃるかたいるかもしれません。

 

いいえそうじゃないんですよ。見えてるんです。ええそこに。

 

何がって?

 

座っている席から厨房の中にお皿にのったパンが見えてるんです。

 

面白かったです。だって「温めようとする」のに10分、「あたためてそのまま忘れてる」のに10分、「運ぼうとしてやっと運ぶ」の10分かかるんです。

まあ時間ののんびりさは旅の醍醐味かもしれませんが。

 

 

極端だったのは塩ですかね。

3mくらい離れたテーブルから椅子に座ってる姉ちゃんに声をかけました。

 

パパゾウ『お姉ちゃん塩頂戴』

店の姉ちゃん『今から大事なテレビ見てるからちょっと待ってね』

『・・・・』

 

~30分後~

 

あTV番組終わった。

嫁『姉ちゃん塩は?』

姉ちゃん『取りに行ってくるわ』

 

~15分後~

 

厨房から帰ってこない。

パパゾウ『ねえちゃーん!塩~』

厨房から姉ちゃん出てくる。

店の姉ちゃん『ああ忘れてたわ、はいどうぞ』

 

・・・塩のあった場所はなんと・・・厨房じゃなくてさっき姉ちゃんが座っていたところから手の届く範囲にあったテーブルの上・・・。

 

その姉ちゃんは厨房にいたお友達と話したかっただけらしい。

 

まあ旅ってそんなものだよね。

 

 

いまだに妻が「このお店コーン島みたい」って言ったときは飯が出てくるのが遅いという意味で笑

 

ニカラグアって歴史や経済とか政治とかはあんまり勉強しませんでしたが、とにかくコーン島ののんびりした感覚はとても印象的だったのを覚えています。ただゴキブリはいたな~

 

ニカラグアがCOURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2015年 02月号 にちょっと書かれていました。

なんかとても情勢は落ち着いているようですね。コーン島だけじゃなくてマナグア(首都)の人たちも親切ではありましたが。またいけるかな~

nicaraguafコーン島にて

 

 

-各国一言メモーcountrymemoー
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

南アフリカ共和国とはどういう国か?~ラグビーから見るRSA~

ラグビーのワールドカップが日本で行われています。皆様熱戦をご覧になっているでしょうか? ラグビーというスポーツは日本ではあまりなじみがなかったり、以前の花園のような大学ラグビーの印象が強い世代の方もい …

各国一言メモータイ王国編 ราชอาณาจักรไทย Ratcha Anachak Thai ー

今回の各国一言メモは、自分の中でも最も書くことに気が引ける国であります。それは後にも書いたように、国へのイメージというものがあまり確立できない時期に訪れたからかもしれません。   数ある東南 …

各国一言メモーバングラデッシュ編People’s republic of Bangladeshー

2005年8月に観光客としてバングラデッシュに訪れています。 世界最貧国(何をもって最貧国なのかよくわかりませんが・・・)という声も大きいバングラデッシュ。とにかく観光地はありません。人や文化を見に行 …

各国一言メモについて

今までに私が訪れた国や地域の概要や思い出をそれぞれ書いていくコーナーです。気まぐれです。 野望のために必要なことばっか書いてても疲れてしまうので(オイオイ)ちょっと息抜きにやっていってみようと思います …

各国一言メモーナミビア共和国編 Republic of Namibiaー

世界の絶景ベスト10を選んだ際にご紹介した、ナミブ砂漠。アフリカの子連れ旅行は関係ありませんが、世界一周旅行をご検討される場合にはかならずオススメしたい絶景ポイントです。もちろん子連れでも連れていける …

 




 

 旅人、元バックパッカー。内科医。18歳の時に約10か月ほどかけて世界一周を経験。西回りに世界を駆け巡り、その後も休みがあれば旅を続け、今まで訪れた国はだいたい60か国くらい。旅で出会った日本人女性と結婚し、妻と子供2人の4人家族。

今まで1人旅・カップル旅を経て、家族旅行するようになっても世界中のどこへでも行く旅好き家族に。

「子供がいるからそこへは行けない」ということがないわけではないけれど、子供たちのためにも、子供たちのためになるのであれば、どこへでも行きたい、世界一周旅行でも行きたいと妄想し続けるアラフォー。まずの目標は「50歳でもう一度妻と世界一周する」。

夢は、世界のすべてをこの目でみること・世界の広さや美しさを子供に、そして世界に広めること。

今の充実した生活の原点を作り出したのが自分にとっては旅だった。見るものすべてが新しかったあの旅の感動は忘れられない。

 

2020年末をめどにアジア某国に家族で移住予定。旅の話とともに、移住の話もお伝えしていこうと思います。

子連れ旅行のことを中心に、役に立てたらうれしくおもいます。

 

Instagram:アイジュ




2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829