各国一言メモーcountrymemoー

各国一言メモーナミビア共和国編 Republic of Namibiaー

投稿日:

日本人にとってはあまりなじみのないアフリカの国ナミビア。でもこのナミビア、もしチャンスがあればぜひ訪れていただきたい国です。なんといってもハイライトはナミブ砂漠です。あの火星とも思えるような絶景は二度と忘れません。

2003年夏に訪れたときに残したメモが以下の通りです。

 

南アが事実上統治していたこともあり、黒人達は南アよりも概ね人は良くいい人が多いが、雰囲気は南アフリカによく似ている。そのため、ナミビアからジンバブエに行ったときに感じた大きな黒人達の雰囲気の違いはいまだに記憶に残る。(※注;南アフリカやナミビアはアパルトヘイトの影響だったのか、黒人の白色人種や黄色人種に対する壁の高さがジンバブエなどのほかの南部アフリカの国々に比べて高い気がしました)

したがって南ア同様人々と話をするとき文化の話は、まずでてこない。それよりもこの国は大自然がすばらしいのでそれだけをみることにしぼってしまった。ほぼナミブ砂漠しか見ることなく過ぎてしまったが、他にエト-シャ国立公園やフィッシュリバーキャニオン(米国グランドキャニオンに次ぐ、世界2位の大渓谷)があると考えるとさらにすばらしい。

それにしてもナミブ砂漠はすばらしかった。ナミビアだけをじっくりまわる旅もありだったなと今になって感じる国である。ただし、公共機関で観光地に行けないのが難点か。すべて(現地発着の)ツアー参加しない限り、レンタカーかヒッチでしか行けないと思う。さらにいえば車の数自体も少なく、ヒッチはかなり時間のある暇人しかできないと思う。どちらかというとこの国、リッチ旅行者の方が旅行しやすいのでは!?物価は南ア並なり。

 

ナミブ砂漠というのをご存知でしょうか?今はナミブ砂海?ともいうのでしょうか。現存する世界最古の砂漠といわれる砂漠で、世界自然遺産にも登録されています。まさに火星というにふさわしい素晴らしい絶景でした。

アパルトヘイトの影響もあり、人とのコミュニケーションを求めても表面的なものだけで終わってしまう可能性があるかも知れませんが、10年前に訪れた国なので、今はどうでしょうか。

ちなみに交通のこととかも記録が残ってました。へえ~って感じ。

 

ナミビアはとにかく公共機関が整備されていない。利用する人がいないからなのかわからないが、とにかく移動はめんどくさい。ナミビアだけが目当てでアフリカに行かれる方にはツアーをおすすめしたい。とりあえず首都ウイントフックを含めて市バスというものを見た記憶がない。

とはいっても大都市間にはミニバスがかなり走いた。大型バスも走っている都市もあった。ミニバスは基本的に大型バスより安いのでgood!

また、大都市間ではヒッチハイクも可能なよう。旅行者は結構やってます。一応複数人でやるようにしたい。ただし、ソススフレイ(ナミブ砂漠の観光の拠点になるところ)のような観光客しか行かないようなところはかなり難しいので現実的ではないように感じたが・・・。

治安は概して良好であった。南アフリカにいるときのような緊張感はない。ウイントフックにいるときに、強盗に遭いそうになったが現地の人がその強盗っぽい人を追っ払ってくれ、「あんた狙われてるわよ!」って声かけてくれて。「ありゃ俺をねらってるなあ」と思いつつ歩いていたときに追っ払ってくれた。めっちゃいいおばちゃんだった・・・。

意外とマラリアの危険はないらしい。

 

間違いなく、個人的には世界の自然風景十本の指に入る絶景でした。ご興味ある方はぜひ。

 

DSC000211

 

-各国一言メモーcountrymemoー
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

各国一言メモーウズベキスタン編 Oʻzbekiston Respublikasiー

2006年GWに訪れたシルクロードの途中にあるウズベキスタン。 なぜ行こうと思ったのか覚えていないんですが、確か   パパゾウ「シルクロード横断したいな~」 嫁(当時彼女)「そんな時間ないで …

なぜ各国一言メモを書くか?

世界中を放浪して、「こんな場所ってどうなの?」「あの国ってどうだった?」「ピラミッドってやっぱりいいの?」というような質問を多々いただきます。   もちろん自分なりのお答えを、一言その国の思 …

各国一言メモーカタール編 State of Qaterدولة قطرー

これからが夏本番だというのに暑い日の話をしていたときに思い出したカタールの暑さ。カタールの一言メモです。 一言メモって言ってもですね、トランジットの時に半日くらい滞在しただけなんですが、まあ立派に「入 …

各国一言メモについて

今までに私が訪れた国や地域の概要や思い出をそれぞれ書いていくコーナーです。気まぐれです。 野望のために必要なことばっか書いてても疲れてしまうので(オイオイ)ちょっと息抜きにやっていってみようと思います …

各国一言メモーウルグアイ編 República Oriental del Uruguayー

セレッソ大阪からフォルラン選手が退団することが制式に発表されていました。 サッカーファンならだれもがJリーグの久々のビッグネームに驚いたものですが、年齢や環境の変化やらいろいろあってどうにも難しいので …

 




 

 旅人、元バックパッカー。内科医。18歳の時に約10か月ほどかけて世界一周を経験。西回りに世界を駆け巡り、その後も休みがあれば旅を続け、今まで訪れた国はだいたい60か国くらい。旅で出会った日本人女性と結婚し、妻と子供2人の4人家族。

今まで1人旅・カップル旅を経て、家族旅行するようになっても世界中のどこへでも行く旅好き家族に。

「子供がいるからそこへは行けない」ということがないわけではないけれど、子供たちのためにも、子供たちのためになるのであれば、どこへでも行きたい、世界一周旅行でも行きたいと妄想し続けるアラフォー。まずの目標は「50歳でもう一度妻と世界一周する」。

夢は、世界のすべてをこの目でみること・世界の広さや美しさを子供に、そして世界に広めること。

今の充実した生活の原点を作り出したのが自分にとっては旅だった。見るものすべてが新しかったあの旅の感動は忘れられない。

 

2020年末をめどにアジア某国に家族で移住予定。旅の話とともに、移住の話もお伝えしていこうと思います。

子連れ旅行のことを中心に、役に立てたらうれしくおもいます。

 

Instagram:アイジュ




2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031