各国一言メモーcountrymemoー

各国一言メモータイ王国編 ราชอาณาจักรไทย Ratcha Anachak Thai ー

投稿日:

今回の各国一言メモは、自分の中でも最も書くことに気が引ける国であります。それは後にも書いたように、国へのイメージというものがあまり確立できない時期に訪れたからかもしれません。

 

数ある東南アジアの国の中でも、最も日本に身近な国の一つであり、非常に歴史の長い国という印象を持つ方も多いのでないでしょうか?近年は災害やクーデターやらであまり安定しなかったり、日本の企業も打撃を受けたりといったイメージもありますが、「微笑みの国」と謳い称される美しい国というイメージは嘘ではないと思います。

私が訪れたのはクーデターが頻発する前のタイですので、ちょっと違うかもしれませんが、おおむねタイに対する印象は以下の通りです。っていってもバンコク周辺しか訪れたことないのですが・・・汗

 

 


 微笑みの国と称されるこの国で、間違いなく言えたことは「笑顔は多かった」という事実である。今思い返しても、このイメージは強かった。かといってものすごく親切だったかとか特別楽しかったとかそういうイメージはないのだが、人々の笑顔が印象的だったことは覚えている。

そこまでイメージが良いばかりでないのは、おそらく初めて訪れた東南アジアの国としてとにかく「ふっかけ」「ぼり」といったものの洗礼を始めてうけたことが関係しているのかもしれない。

トゥクトゥクのふっかけやバイクタクシーのぼりなど、まだまだ旅人の素人の自分にはきつかった・・・。今ではあんなことにはならないと思うが。カオサンストリートも今となっては普通の光景かもしれないが、駆け出しのバックパッカーだった自分には衝撃だった。

でも悪いイメージもないのは、やっぱりみんな礼儀正しいからか?微笑みの国とは、礼儀正しさもあっての美しさのような気がした。コンビニの店員まで行き届く礼儀の正しさ。また訪れてみたい。

まだまだ堪能してないもの。その微笑みを。

 


 

 

やっぱり初めて訪れたに近いアジアの発展途上国ということで、自分の中でも完全消化できなかったという思いが強かったです。国というイメージよりは、もうバックパッカーというものの洗礼をあびたような・・・。今でもタイの思い出ってそんなにないんです。

様々な国に訪れましたが、数ある観光国の中で最も不完全消化な国といっても過言ではありません。

バンコク周辺だけので評価やイメージなので、まだまだ見切れていないのだが、また訪れてみたい場所であります。

 

 

DSC00040

バンコク近くに行ったワニ園での一コマ。ゾウもいたような・・・。

-各国一言メモーcountrymemoー
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

各国一言メモーカタール編 State of Qaterدولة قطرー

これからが夏本番だというのに暑い日の話をしていたときに思い出したカタールの暑さ。カタールの一言メモです。 一言メモって言ってもですね、トランジットの時に半日くらい滞在しただけなんですが、まあ立派に「入 …

各国一言メモーナミビア共和国編 Republic of Namibiaー

日本人にとってはあまりなじみのないアフリカの国ナミビア。でもこのナミビア、もしチャンスがあればぜひ訪れていただきたい国です。なんといってもハイライトはナミブ砂漠です。あの火星とも思えるような絶景は二度 …

各国一言メモーバングラデッシュ編People’s republic of Bangladeshー

2005年8月に観光客としてバングラデッシュに訪れています。 世界最貧国(何をもって最貧国なのかよくわかりませんが・・・)という声も大きいバングラデッシュ。とにかく観光地はありません。人や文化を見に行 …

各国一言メモーメキシコ編ESTADOS UNIDOS MEXICANOS ー

※『この記事はまだ書き途中です』   2005年3月に、当時21歳だった私が感じたメキシコの印象です。     【予想以上の国の発展を目の当たりにし、今回の旅で一番驚きを …

なぜ各国一言メモを書くか?

世界中を放浪して、「こんな場所ってどうなの?」「あの国ってどうだった?」「ピラミッドってやっぱりいいの?」というような質問を多々いただきます。   もちろん自分なりのお答えを、一言その国の思 …

 




 

 旅人、元バックパッカー。内科医。18歳の時に約10か月ほどかけて世界一周を経験。西回りに世界を駆け巡り、その後も休みがあれば旅を続け、今まで訪れた国はだいたい60か国くらい。旅で出会った日本人女性と結婚し、妻と子供2人の4人家族。

今まで1人旅・カップル旅を経て、家族旅行するようになっても世界中のどこへでも行く旅好き家族に。

「子供がいるからそこへは行けない」ということがないわけではないけれど、子供たちのためにも、子供たちのためになるのであれば、どこへでも行きたい、世界一周旅行でも行きたいと妄想し続けるアラフォー。まずの目標は「50歳でもう一度妻と世界一周する」。

夢は、世界のすべてをこの目でみること・世界の広さや美しさを子供に、そして世界に広めること。

今の充実した生活の原点を作り出したのが自分にとっては旅だった。見るものすべてが新しかったあの旅の感動は忘れられない。

 

2020年末をめどにアジア某国に家族で移住予定。旅の話とともに、移住の話もお伝えしていこうと思います。

子連れ旅行のことを中心に、役に立てたらうれしくおもいます。

 

Instagram:アイジュ




2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031