子連れでも、世界一周旅行がしたい

旅に行けば、きっと誰でも成長する。世界を旅行するすべての方へ。See A whole new world.

各国一言メモーcountrymemoー

各国一言メモーウズベキスタン編 Oʻzbekiston Respublikasiー

投稿日:

2006年GWに訪れたシルクロードの途中にあるウズベキスタン。

なぜ行こうと思ったのか覚えていないんですが、確か

 

パパゾウ「シルクロード横断したいな~」

嫁(当時彼女)「そんな時間ないでしょ(GWでは無理)」

パパゾウ「じゃあちょっとでも行こうよ。イランとか」

嫁「イランかあ~面白そうだけど。(地図見ながら)ウズベキスタンとかは?」

パパゾウ「ティムール王朝だっけ?・・・もしかしてサマルカンドか?!」

嫁「じゃあ行ってみる?」

→決定

 

みたいなノリだった気がします。あまりおぼえていない。。。

 

 

しかし!!!行ってびっくり!!!

個人的には大ヒットな国だったのです!

当時の日記が見当たらないので、思うままに書いてみようと思います。

 

まとめ


シルクロードのど真ん中というイメージしかなかったが、観光地は多くまたそれらがとても魅力的であり、何より人が良かったのがいい意味での衝撃だった。

サマルカンドやヒバァと行った世界遺産もさることながら、個人的に「人類の負の遺産を見たい」と思って訪れたアラル海も非常に感慨深く、見るものが多かった。

さらに人の好さ。とにかく観光地なのに観光客ずれしていない方が多いように感じた。親切であることが多く、旧ソ連にしてはみんな表情もそこそこ豊かな印象があった。警官や政治家の腐敗はひどいようらしいが、普通の人たちは少なくとも悪い印象の人には会わなかった。

そして飯がうまい。あまり食事についてとやかく注文を付けるタイプでは自分はないのだが、とにかくパンも米も主食もおいしいものが多かった記憶がある。グルメな嫁にはかなり高ポイントだっただろう笑。

それでもまあ個人的には、ホテルヌクスで入った鉄さびのお風呂は一生忘れない。

 


 

いや~今でも覚えているのは、本当に食事がおいしかったことですね。人良し、飯良し、見どころ良し。3点そろった国や地域っていうのは意外と少ないですから、多くの方にお勧めできる場所です。

 

DSCF0559朝食の一例です。

 

DSCF0651写真下手ですみません・・・。

このチャーハンみたいなのも絶品だった。ちょっとあぶらっこかったけど。

 

 

 

 

アラル海ってご存知ですか?世界的にみても批判の強い、国家主導で始まった政策によって湖が干上がってしまったという前代未聞の事態が実際に起こってしまった場所です。ウズベキスタンの中にある、「カラカルパクスタン共和国」という自治州のような場所にあります。

下の写真は湖の「元」ほとりから撮った写真ですが、ご覧のように崖になってしまったように見えるのは「元湖」だった場所なわけです。

 

DSCF0663

 

この下に降りられるのですが。

DSCF0665

あれ、船が陸に置き去りにされている・・・というような雰囲気であったり。

 

 

DSCF0678

 

土を掘り起こすとこのような貝があったりします。

 

なんかとっても寒かったのもあって、荒廃した、ターミネーターでいう審判の日(Judgement day)後の地球のような感じでした・・・。怖。

 

とにかくこの後寒くて、ホテルヌクスという止まっていた宿にたまたまバスタブがあったのでいっぱいお湯を張って入ろうとしました。しかし、お湯は確かに少し出てくるんですが、ものすごい赤錆交じりのお湯で、本当に汚い、鉄くさいお湯でした。人生であそこまで汚い、臭いお風呂に入ったのは後にも先にもないんじゃないかというほどの思い出があります・・・。でも世界一温かく感じました。なんかすんごい寒かったんですよね。

 

今でも妻と、寒い日の温泉・臭い温泉・汚い風呂とかの話になると

「ヌクスよりはいいよ」

って笑ったりするほど。すごい思い出ですが・・・。

 

 

 

 

各国一言メモのつもりが、感想も多くなってしまいました笑。

でも万人に自信をもってお勧めできる国、それがウズベキスタンだと思います。

 

 

 

DSCF0738こういう美しい建築物も沢山です。

 

 

 

-各国一言メモーcountrymemoー
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

各国一言メモータイ王国編 ราชอาณาจักรไทย Ratcha Anachak Thai ー

今回の各国一言メモは、自分の中でも最も書くことに気が引ける国であります。それは後にも書いたように、国へのイメージというものがあまり確立できない時期に訪れたからかもしれません。   数ある東南 …

外国人の目で知る「日本」のふしぎ~m3.com 12回目の連載~

m3.comで連載させていただいているこの「人生で必要なことはすべて旅が教えてくれた」も早くも12回目になりました。 どうなることかと思いましたが、m3.comのアンケート調査では、かなり好意的な感想 …

各国一言ー南米総括ー

訪れたことのある南米各国についての一言メモの前に、私が10年前に書いた南米に対する総括のメモが手元に残っています。 なんか若かりし頃の自分が書いたコメントが恥ずかしい・・・。   旅人の楽園 …

南アフリカ共和国とはどういう国か?~ラグビーから見るRSA~

ラグビーのワールドカップが日本で行われています。皆様熱戦をご覧になっているでしょうか? ラグビーというスポーツは日本ではあまりなじみがなかったり、以前の花園のような大学ラグビーの印象が強い世代の方もい …

各国一言メモーナミビア共和国編 Republic of Namibiaー

世界の絶景ベスト10を選んだ際にご紹介した、ナミブ砂漠。アフリカの子連れ旅行は関係ありませんが、世界一周旅行をご検討される場合にはかならずオススメしたい絶景ポイントです。もちろん子連れでも連れていける …

 




 

 旅人、元バックパッカー。内科医。18歳の時に約10か月ほどかけて世界一周を経験。西回りに世界を駆け巡り、その後も休みがあれば旅を続け、今まで訪れた国はだいたい60か国くらい。旅で出会った日本人女性と結婚し、妻と子供2人の4人家族。

今まで1人旅・カップル旅を経て、家族旅行するようになっても世界中のどこへでも行く旅好き家族に。

「子供がいるからそこへは行けない」ということがないわけではないけれど、子供たちのためにも、子供たちのためになるのであれば、どこへでも行きたい、世界一周旅行でも行きたいと妄想し続けるアラフォー。まずの目標は「50歳でもう一度妻と世界一周する」。

夢は、世界のすべてをこの目でみること・世界の広さや美しさを子供に、そして世界に広めること。

今の充実した生活の原点を作り出したのが自分にとっては旅だった。見るものすべてが新しかったあの旅の感動は忘れられない。

 

2020年末をめどにアジア某国に家族で移住予定。旅の話とともに、移住の話もお伝えしていこうと思います。

子連れ旅行のことを中心に、役に立てたらうれしくおもいます。

 

Instagram:アイジュ




2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031