子連れでも、世界一周旅行がしたい

旅に行けば、きっと誰でも成長する。世界を旅行するすべての方へ。See A whole new world.

各国一言メモーcountrymemoー

なぜ各国一言メモを書くか?

投稿日:

世界中を放浪して、「こんな場所ってどうなの?」「あの国ってどうだった?」「ピラミッドってやっぱりいいの?」というような質問を多々いただきます。

 

もちろん自分なりのお答えを、一言その国の思い出とかを付け足して伝えるのですが、その際にその国の名前を聞いて思い出す風景っていうものがいろいろあります。その時に気分によってももちろん異なるんですが、なんか一枚の写真のようなイメージでしょうか?不思議とたくさんイメージがあるはずなのに、なぜその光景??っていう光景を思い出すこともあります。

 

 

たとえばですが。「イタリアってどんな国?」って聞かれたとします。

 

数年前、イタリアを新婚旅行先にしようとしていた私の友人に聞かれた際、私が思い出したのはベネツィア駅から降りた瞬間に飛び込んできた美しいベネツィアの街の様子です。天気も良かったせいかとても美しく、物語の中の世界のような感じで、まさに自分の想像していたようなベニスの街並みだったことを覚えています。

 

ところがどっこい。先日同僚から「イタリア人って面白いの?どんな国なの?」といわれたとき最初に思い出した光景は、ブリンディシというギリシャへ通じるフェリーが出ている町があるのですが、その街の【壊れて使えなくなった信号がひっくり返っていた】光景が突然よみがえりました。8年ぶりくらいにそんな光景思い出しましたがなぜだかわかりません。ただ、なんか思い出しちゃったんです。

 

 

そんな風に、訪れたことのあるいろいろな国を考えたときに『直感的に思い出したことや思ったことをつづってみようかな』ということを思いついたんです。それが各国一言メモをやろうかなと思ったきっかけです。

そんな中で昔の日記とかが一部出てきました。それをもとに一部書いたりしているのが各国一言メモ。まあ要はきまぐれ各国メモなのですが・・・汗。

 

 

それぞれの国や地域・文化には当然ですがそれらを作ってきた歴史があります。でもその歴史とかを踏まえた考察・感想ってなるとそれはもう時間がかかるわけで・・・。思ったまま、気楽につづってみようかなと思ってます。

 

 

venice (5)ベネツィアにて

-各国一言メモーcountrymemoー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

各国一言メモーカタール編 State of Qaterدولة قطرー

これからが夏本番だというのに暑い日の話をしていたときに思い出したカタールの暑さ。カタールの一言メモです。 一言メモって言ってもですね、トランジットの時に半日くらい滞在しただけなんですが、まあ立派に「入 …

各国一言メモーナミビア共和国編 Republic of Namibiaー

世界の絶景ベスト10を選んだ際にご紹介した、ナミブ砂漠。アフリカの子連れ旅行は関係ありませんが、世界一周旅行をご検討される場合にはかならずオススメしたい絶景ポイントです。もちろん子連れでも連れていける …

各国一言メモーコスタリカREPUBLICA DE COSTA RICAー

軍隊の無い、警官が銃を持たない国を見たのは初めてだったかもしれない。雰囲気もわりと良く、名目上「軍隊を持たない」ことになっているアジアのどっかの国とは大違いだった!!米国という大国(侵略大国!?)にも …

各国一言メモーウルグアイ編 República Oriental del Uruguayー

セレッソ大阪からフォルラン選手が退団することが制式に発表されていました。 サッカーファンならだれもがJリーグの久々のビッグネームに驚いたものですが、年齢や環境の変化やらいろいろあってどうにも難しいので …

外国人の目で知る「日本」のふしぎ~m3.com 12回目の連載~

m3.comで連載させていただいているこの「人生で必要なことはすべて旅が教えてくれた」も早くも12回目になりました。 どうなることかと思いましたが、m3.comのアンケート調査では、かなり好意的な感想 …

 




 

 旅人、元バックパッカー。内科医。18歳の時に約10か月ほどかけて世界一周を経験。西回りに世界を駆け巡り、その後も休みがあれば旅を続け、今まで訪れた国はだいたい60か国くらい。旅で出会った日本人女性と結婚し、妻と子供2人の4人家族。

今まで1人旅・カップル旅を経て、家族旅行するようになっても世界中のどこへでも行く旅好き家族に。

「子供がいるからそこへは行けない」ということがないわけではないけれど、子供たちのためにも、子供たちのためになるのであれば、どこへでも行きたい、世界一周旅行でも行きたいと妄想し続けるアラフォー。まずの目標は「50歳でもう一度妻と世界一周する」。

夢は、世界のすべてをこの目でみること・世界の広さや美しさを子供に、そして世界に広めること。

今の充実した生活の原点を作り出したのが自分にとっては旅だった。見るものすべてが新しかったあの旅の感動は忘れられない。

 

2020年末をめどにアジア某国に家族で移住予定。旅の話とともに、移住の話もお伝えしていこうと思います。

子連れ旅行のことを中心に、役に立てたらうれしくおもいます。

 

Instagram:アイジュ




2020年5月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031