各国一言メモー大韓民国 대한민국ー

※最初にお断りしておきますが、以下の記事は私の個人的な感想であり、韓国や韓国人の方々・文化に対して差別的な意図を持ったり、批判する意志は一切ございません。一方的な民族差別になるようなご意見・コメントはお控えください。

一番近くて遠い国ー。

このような言われ方をするお隣韓国。もちろん台湾やロシアも日本にとって隣国でありますが、ロシアよりは長い歴史のつながりが強く、台湾は中国との関与がありますので、隣「国」という意味ではやはり韓国が一番ふさわしいと思う方がおおいのではないでしょうか。

今現在MERS(Middle East respiratory syndrome)で世界をお騒がせの韓国ですが、韓国くらいの国力と医療事情であれば死亡率はある程度下がるだろうなと思ってみていますし、感染力は強いようですがいまのところ医療者・患者さんを通じての感染ですので、新型インフルエンザのようなパンデミックにはならないのではないかと思っています。

ただまあ韓国国内はパニックでしょうしどうなることやら・・・。少なくともエボラのようなパニックになる必要もないと感じてはいます。


さて話が戻って。

僕自身韓国人から直接嫌な目にあったこともありませんし、学生時代一番仲の良かった友人が在日韓国人だったりという環境もあったので、もともと韓国に対するイメージは悪くありませんが、近年はとにかく日本人における韓国への感情は悪いですし、報道を通じてみていると私自身も年々印象が悪くなっていく一方です。ただあまり社会的な歴史的なことは言いたくありませんし、討論の種になるようなことは言いたくありませんが、世界を放浪して戻ってくると、もちろん韓国と日本はかなり違うものの、あくまでも個人的な意見では日本に最も似ている・文化の近い国はやはり韓国ではないかと感じます。

(例外として台湾が世界一日本に似ている国と思いますが、ちょっと例外ですのでここでは台湾は含まない中で・・・と考えてます。)

国の話題になったり、韓国と他国を比べるということになると カァーッ となってしまうような印象は確かに世界中でお会いした韓国人の中にはいらっしゃいましたが、基本的にはソウルの街中歩いていても人は親切でしたし、言葉も似ていますし、差別的な意味合いではなく同じアジア人として似てもいるわけです。ソウルで道に迷ったときに親切にしてくれた若い警察官のお兄ちゃんなんて、今まで旅先で出会った親切にしてくれたランキングでも上位に入ると思います。英語が下手、相手の良いところや悪いところの指摘が不得手、欧米人へのコンプレックスを持っているなど、日本人に共通しているのかもしれないなという点はいくつか感じたのは事実です。

おそらくこれらの感情は日本国内にいると受けない方も多いのではないかと思います。ただ、ひとたび外国へ出れば、同じアジア人といいますか、似ている(点が多い)といわざるを得ないのを実感すると思います。

外国出身の方々から「どうやったら韓国人と日本人と中国人は見分けられるの?私たちにはよくわからないわ。」と言われたりもします。世界の中から見れば、日本・韓国・中国の顔の差なんてわからないようです。我々でも判断難しいときってありますよね?

とはいえ、10年前に世界中を回っていたとき、世界的にはアジア=中国・日本のイメージが強いのだな~と思い知らされるのと同時に、残念なことに韓国のイメージというのはあまり国際的にはなじみがないと思われているのも感じさせられました。

ヨルダンに旅行した際、ヒュンダイの車乗っているタクシーの運ちゃんに「え?これって日本のじゃないの?」って言われたし。あのとき韓国人と一緒に旅行してたので、ものすごく気まずくなりましたが・・・。LGを中国の企業と思っている方もとても多かったです。あとNORTH と SOUTHを間違える方も多かった・・・。

私自身は韓国人と一緒に旅行していて思った印象は「歴史の話はしないようにしておこう」と感じたのは事実です。その話さえしなければとっても親切で思いやりのある民族なのかな~と当時は感じていましたが・・・。

ただし。

ひとつ確実に言えること。

率直に感じた韓国の良いところ・・・。それは

辛い飯はマジでうまい!!

これだけは確実に言えます。

辛いものが苦手な方は厳しいかもしれませんが、辛いものが好きな私には韓国料理は最高でした!個人的には中国本土の上海料理や広東料理より韓国料理のほうが圧倒的においしかったです。辛いものがお好きな方はぜひ現地にも行ってみてほしいです。

・・・MERS騒動が落ち着いたらね。

スポンサーリンク
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>