子連れでも、世界一周旅行がしたい

旅に行けば、きっと誰でも成長する。世界を旅行するすべての方へ。See A whole new world.

旅~travel~

ケニアタンザニア子連れ日記6日目前編~The fruit & spice wellness Resort Zanzibarの様子①~

投稿日:2019-09-15 更新日:

ケニアから移動し、ザンジバルでのバカンスを楽しむ我々一家の日記続きです。ここではザンジバルのキジムカジというリゾート地での様子をお伝えします。

タンザニア子連れ旅行日記①アフリカ5日目後編



ザンジバルでの過ごし方はだいたいこんな感じでした。

 

起床→朝ご飯→部屋でダラダラ遊んだりして過ごす→プール・海・ビーチに行く

~ここから下が午後~

軽くご飯食べる→さらにプールで遊んだり部屋で遊んだり→夕飯→寝る

 

 

このサイクルで基本は動いていました(;^ω^)完全なる欧州人のバカンスのようですね笑

 

The fruit & spice wellness Resort Zanzibarの様子

ホテルの内部のご紹介を少ししようと思います。なにせ、とにかくホテルでの過ごした時間は大部分なので(-_-;)

我々一家が宿泊したホテルはThe fruit & spice wellness Resort Zanzibarという、ヨーロッパ人に人気のホテル。日本語でカタカナで書くと「ザフルーツアンドスパイスウェルネスリゾートザンジバル」・・・。だいたい「フルーツアンドスパイス!」とスタッフたちも言っていたような気がします。観光に関与する方々は存在知っているようでした。ここを選んだ理由は妻いわく

 

「のんびりするには最高で、ご飯に対する評価も高いし、写真を見る限りおいしそう」

 

という旅人の感によるもの・・・。でも本当に食事はおいしいし、田舎にポツンとあるリゾートなのでお出かけしたりするには最高の環境でした。なお、ザンジバルには調べた限り、子連れにはたまらない、お子さんが大好きなウォータースライダーのあるホテルは見つかりませんでした。本当に小さいもの程度ならあるかもしれませんが・・・。

 

島の中心部である、ストーンシティからは90分くらいかかるので買い物したりする場所はないのと、人気のある北部ヌングイ(Nungwi)や東部パジェ(paje)とは違い、周辺に本当に何もありません。一番近いのも隣のホテル・・・wこのホテルはキジムカジ(Kizimkazi)というエリアにあります。このキジムカジ、なかなか検索しても出てこないかもしれませんが、一番有名なのはドルフィンツアーなようです。あとでそのことは書きます。

一番我々が時間を過ごしたであろう、ホテルのプールは素敵な感じ(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

とてもきれい。子供用のプールはなく、大きなプールに子供でも遊べる浅い場所と、普通に深い場所とが混在しているようなプールでした。それとは別にもう一つジャグジーみたいなプールもありました。
プールの周りにはそこかしこにハンモックや寝そべるビーチチェアーがあって、日光浴の好きなヨーロッパ人の方々はぼーっとそこでされておりました笑。ランチものんびりビーチチェアーや真ん中のレストランスペースみたいなので食べることができます。

ランチのちゃんとした写真がなかった・・・ごめんなさい( ;∀;)ちなみにランチはプールサイドで注文できますが、比較的リーズナブルです。

基本的に我が家は朝の食事の際にたくさん食べて食べ過ぎくらいにしておき、昼はサンドイッチのようなもので軽く食べる・・・というスタイルでいました。子供たちがおなかすいたときに食べさせているイメージでしたかね・・・。子供たちはたくさん遊びますので・・・。

 

ぜひ、何もしないというぜいたくを堪能してください!

 



インスタスポット発見!

そして、その先にはなんともインスタ映えな橋が・・・

ホテルの岬のようなところに、この橋が設置されています。この先のところには、ベッドなども置いてあって、とても気持ちが良かったです・・・。でも風強くて寒い( ;∀;)

岬というか橋の先っちょから撮った写真。子供たちもインスタ映えスポットに興奮しておりましたが、風が強くて子供たちだけでこの橋を渡らせるのはちょっと怖いかもしれません。

そもそも、7月・8月のザンジバルは涼しいために、プール入ったり夜外で食事するのは少し冷えます。おそらくこのホテルに限らず、ザンジバルやケニアもそうですが、日本の夏休みの時期は結構涼しい時期なようなのでご注意ください。また、ホテルのスタッフいわく、この時期は例年風が強いそうです。

 

うちの子供たちはプールで遊ぶことが気に入っていたので、海にはそんなにいかなかった(というか寒いし海よりプールな感じでした。)のですが、ビーチもこじんまりして美しかったです。

 

 

ビーチはプールやホテルの部屋からは少し離れたところにあります。海はきれいですが、ビーチそのものはまあまあです。毎日掃除しているのでとても清潔ではあります。とはいえ、北部のリゾートビーチに比べればそんなにきれいではないと思います。

 

わかめのような海藻やゴミはおおいですが、毎日1日数回、せっせとホテルスタッフが掃除してくれています。なので掃除終わった後

話はそれますが、面白かったのは、ビーチにあったベッド(ブランコ型のベッド)の下に大量のアリジゴクがいたので、どうやってアリジゴクがアリを食べるのか、子供たちに見せてあげたときのこと。この写真にぶら下がっているベッドの下に、大量のアリジゴクがいました。

 

私は子供のころからどうやってアリジゴクがアリを食べているのか、アリジゴクが巣を作る様子なども見たことがあったため、実演して見せてあげようとしたのです。無事アリを捕まえてアリジゴクがアリを食べたり投げたりするところを見せてあげることに成功。

娘「本当にこうやって食べるんだ・・・。本でしか見たことなかった。」

息子「すご~い!もう一回見よう!」

とかなり興奮しておりました。お前らビーチに来たんじゃないのか、ビーチより興奮しているぞ笑。と思ったら・・・

 

嫁「えええええマジ面白い!!へえ初めて見た~すごい、アリジゴクってこんな形してるんだ!本当にアリが落ちてきたの食べるんだ!」

 

と一番大興奮だったのは妻・・・。

 

人生で初めて見たとのことでとても興奮していましたw個人的には妻の子供に戻ったような反応が面白くてかわいかったです♡

長くなってしまいましたので、その他、最高だったスタッフや食事、その他客室の様子は後編で!

 

ポチお願いします
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村

-旅~travel~
-, , , ,

執筆者:


  1. […] ケニアタンザニア子連れ日記6日目前編~The fruit & spice wellness Resort Zanjib… […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

世界の絶景② 世界遺産カナディアンロッキー

  北米大陸、アメリカ合衆国の背中に乗っているような形をしている国カナダ。メープルシロップやアイスホッケーといったウィンタースポーツのイメージが強いかもしれませんが、オーロラやこのカナディア …

2019年もありがとうございました。

旅人の皆様、2019年もありがとうございました。 今年は自分の仕事の影響もあり、かなり夏場~秋にかけてはブログに力をいれることができました。その反面仕事復帰した10月以降はなかなかブログの更新もできて …

アフリカに子連れでいくことにした⑥~ホテルと飛行機も全部決めて~

つづきです。 大体日程がつめられてきました。さてそうなると、費用のことも大体判明してきます。 アフリカに子連れでいくことにした⑤~現地ツアー会社にお願いしてみた~     UAE・ …

ベルトラを使ってシンガポールを楽しく旅行する方法

私の知り合いから、 「3泊4日で自分なりにアレンジしてシンガポールに旅行したい!」 というような要望があり、ひょんなことからシンガポールの旅をアレンジしてみることになりました。 ベルトラという会社を主 …

世界の絶景⑤ モルディブ

インド洋に浮かぶ、サンゴ礁の島モルディブ。新婚旅行でここに訪れました。世界中旅してきた我々にとって、モルディブにものすごい思い出があるかといわれるとそうでもないのですが、とにかく一面の青・青・青。そし …

 




 

 旅人、元バックパッカー。内科医。18歳の時に約10か月ほどかけて世界一周を経験。西回りに世界を駆け巡り、その後も休みがあれば旅を続け、今まで訪れた国はだいたい60か国くらい。旅で出会った日本人女性と結婚し、妻と子供2人の4人家族。

今まで1人旅・カップル旅を経て、家族旅行するようになっても世界中のどこへでも行く旅好き家族に。

「子供がいるからそこへは行けない」ということがないわけではないけれど、子供たちのためにも、子供たちのためになるのであれば、どこへでも行きたい、世界一周旅行でも行きたいと妄想し続けるアラフォー。まずの目標は「50歳でもう一度妻と世界一周する」。

夢は、世界のすべてをこの目でみること・世界の広さや美しさを子供に、そして世界に広めること。

今の充実した生活の原点を作り出したのが自分にとっては旅だった。見るものすべてが新しかったあの旅の感動は忘れられない。

 

2020年末をめどにアジア某国に家族で移住予定。旅の話とともに、移住の話もお伝えしていこうと思います。

子連れ旅行のことを中心に、役に立てたらうれしくおもいます。

 

Instagram:アイジュ




2020年5月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031