旅~travel~

世界一周して人生観変わりましたか?②

投稿日:

前回の続きです。

 

世界を放浪して、世界を一周し、様々なものを見てきたことによって人生観が変わったか?との答えに、私は絶対的に「YES」とお答えします。

どうして自分はそう感じたのか?私なりに思う理由はいくつかあります。

あくまでも個人的な感想ですのでご容赦を。

 

 


①世界を一周したとき若かった

多くの世界一周経験者・海外旅行経験者・海外生活経験者の方が、それらの経験をしたことについての人生観についていろいろと述べられています。結局は自分は自分、変わらなかったという方も多いと思いますが、私はいかんせん世界一周したときが若かったです。

まだ高校も卒業して間もない18歳のときに、外国の様々な人や文化をはじめ見るものすべてが新しかったというあの経験は、確実に私の価値観を変えました。

今思えば、30前後で世界一周していても何も変わらなかったかもしれません。年をとればおのずと自分の中の世界観はなんとなくは出来上がりつつあるもの。18歳と30歳の人生観は絶対的に違うものではないかな~と思ったりします。仕事もしたことのない、アルバイトだけ、大学を入学したのですぐ休学したようなふざけた学生にはとにかく見るものすべてが新しかったです笑。

医学の世界に身を投じて学生時代を含めれば10年以上たちますが、あの世界中を回っていたころのような「見るものすべてが新しかった」という感覚は一度たりとも経験していません。唯一それに近い経験かな~と思ったのは、自分が親になったことくらいかな・・・。その話はまたいつの日か。

 

 

 

②人生のパートナーに出会ってしまった

南米を旅行した際に、当時大学の卒業旅行に一人旅で来ていた女性に出会いました。美人さんでしたが、少し年上で不愛想で・・・。その人を含めて6人ほどのメンバーでその後10日間ほど一緒に旅をして、日本に帰ってきたのち再開し、いつしか付き合うようになり、気づけば私の妻で、2児の母になっております。

恋人時代を含めれば10年以上一緒におりますが、2人の共通点である旅好きということは変わっておらず、「50歳になったら世界一周しよう」という約束は今も変わっていません。

やはり生涯の伴侶を見つけてしまったという点においては、紛れもなく私の人生観は変わったと言わざるを得ません。もともと私自身「運命」だとか「宿命」だとかそういったことは過去の経験などもあって一切信じていませんでしたが、妻との出会いはまさに神のいたずらというか、運命だと認めざるを得ないかなと思ってます。そういう意味でも人生観・価値観は変わったのでしょう。

妻との出会い方だけは自慢ですから笑。

 

 

 

③世界の美しさと儚さを知った

世界中を放浪する前には、私は世界は広いものだと思っていました。

世界中を回り、確かに世界はいろんなものがあって、いろんな人がいて、いろんな文化がありました。実に豊かで美しく、温かさにあふれている。それは間違いないと自分は感じました。

しかし同時に、世界は感情的で残酷で不条理であり、非常に矛盾に満ちた儚いものであるのだなあと。そうも自分自身では感じたのです。

 

世界は広く、希望に満ち溢れ無限の可能性を秘めているとともに、世界は狭く儚さに満ち溢れ数多もの困難が待ち受けている。

 

なんとも具体的な話は難しく、抽象的なものなのですが、世界は広く狭いというか、両価性というんでしょうか、相反する感想を同時に持って物事をとらえようと心掛けているのが、今の私の思想の根源になっているように思います。

極論を言うとなると、いろんな発想や考えを中立的にとらえようと思うようになっているんですかね?世界にはいろんなことを考える人がいるんだな~ということをできる限り自分の今までの価値観にあてはめないで考えようと心がけるようになりました。

別に学問としてとらえようと思っていたりするわけではないので、私自身のなんとなーくなフィーリングになってしまうのですが、議論したり自分の考えをディスカッションするとなるととにかく長くなってしまう分野だと思いますのでこことはこんな程度で許してください。

 


このほかにもいろいろありますが、大きいのはこの3つでしょうか。

いかんせん私が世界に飛び出したのは思春期に毛が生えた程度の多感な時でした。やっぱりあの時の経験がその後のすべてにつながっていると感じてしまうんですよね~。

 

別に私自身世界観を変えようと思って世界に飛び出したわけではなかったです。そういうこともあってか、私個人的な意見では、「自分探しの旅をしようと思って旅に出ても成功しない」とおもっています。「旅をしてみたらそれは自分探しになっていた」というケースはあるのかな~とは思いますが。求めて世界に飛び出しても理想と現実の狭間で悩まされる方も多いのではないか?と思ってしまいます。

 

 

以上のことから、「世界一周をして人生観が変わるか?」という質問に対しての私の答えは

 

YES。日本を飛び出して得た経験は紛れもなく自分自身の礎にはなる。

 

という風に考えます。

 

 

私以外に人生観が変わった旅をされた方いらっしゃいましたらご意見を伺いたいです。

-旅~travel~
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

旅の持ち物として必要なものがまだあった

ふと今日仕事明けにあることをしていて思いました。   朝当直明けで起床し、ひげ面の自分を見てげんなりしつつひげをそり、メガネからコンタクトに切り替える・・・。何気ない日常の一コマ・・・。 & …

旅人医師に質問、世界で一番は? ~m3.com7回目の連載~

m3.comのメンバーズメディアにて連載させていただいている「人生で必要なことはすべて旅が教えてくれた 」7回目の連載からの転載です。 この回からは何回かにわけて、旅人なら誰でも聞かれたことがあるであ …

世界一周のために必要なこと①健康

世界をまた見て回りたいと考えたとき、まず必要なのはこれでしょうか? 私自身内科医なので特に強く思うのかもしれませんが、何がともあれ自分が健康であることはもちろん、一緒に旅をする予定の妻、残していく(? …

m3.comで5回目の連載掲載していただきました

私が先月からさせていただいている、m3.comさんでの連載「人生で必要なことはすべて旅が教えてくれた」の5回目が掲載されました。 医師会員でない方は申し訳ございません、週明けまでには記事をこちらのブロ …

アフリカに子連れでいくことにした④~どこを経由するか?~

つづき。個人手配にしたまでのお話は前回まで。 個人手配にするということはとても選択肢が広がるということでもありますが、逆に決めなくてはいけないことも多いわけです。 アフリカでサファリをしてザンジバルで …

 




 

 旅人、元バックパッカー。内科医。18歳の時に約10か月ほどかけて世界一周を経験。西回りに世界を駆け巡り、その後も休みがあれば旅を続け、今まで訪れた国はだいたい60か国くらい。旅で出会った日本人女性と結婚し、妻と子供2人の4人家族。

今まで1人旅・カップル旅を経て、家族旅行するようになっても世界中のどこへでも行く旅好き家族に。

「子供がいるからそこへは行けない」ということがないわけではないけれど、子供たちのためにも、子供たちのためになるのであれば、どこへでも行きたい、世界一周旅行でも行きたいと妄想し続けるアラフォー。まずの目標は「50歳でもう一度妻と世界一周する」。

夢は、世界のすべてをこの目でみること・世界の広さや美しさを子供に、そして世界に広めること。

今の充実した生活の原点を作り出したのが自分にとっては旅だった。見るものすべてが新しかったあの旅の感動は忘れられない。

 

2020年末をめどにアジア某国に家族で移住予定。旅の話とともに、移住の話もお伝えしていこうと思います。

子連れ旅行のことを中心に、役に立てたらうれしくおもいます。

 

Instagram:アイジュ




2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031