医者の給料まとめ ~学会費とかも高いんだよね~

長くなりましたが、それぞれ代表的な医師の働き方についてその給与体系をお伝えしてみました。

このほかにも、ドラマで見るような法医学者、皆さんの会社にもいらっしゃるかもしれません産業医、厚生労働省に勤めて保健医療などに携わる医系技官など、様々な働き方がありますが、その辺についてはよくわかりませんのでお話ししませんでした。

具体的な年収も伝えたりも致しましたが、おそらく皆様、「なんだかんだで医者は大変そうだが給料は高いんだな」と思われるかもしれません。やはり年収は高いとは思います。1000万程度の年収をもらっている先生が多いのは事実です。とはいえ、上場企業の同級生のほうが稼いでいたりもしますし、倒産する病院・医療法人が増えていることも考えると、やはり世の中のイメージよりはお金を持っていないと思っていただいたほうが良いと思います。そしてこれからの医療は日本の財政難も絡んでますます厳しくなるものと思います。




また、基本的に医師になるものはあまりお金のことを気にせず無頓着なものも多いです。そもそもお金持ちになるために医者になる方もいることはいますが、志を持って医療に臨みたいという方がやはり大多数を占めます。私もお金は好きですが、「医療で金儲けしようとは思えないから、投資をやろう!」と思ったくらいですので。

そもそも医者という資格を取ってしまうと、基本的に何らかの形で社会貢献なり給与の発生する仕事なりを行うことが常に可能であるため、「まあ、食いっぱぐれることはないだろう」という危機感のなさも背景にはあると思います。銀行さんも、不動産屋さんも、お店の方も、なんていうんでしょう、医者というだけで手のひらを返してくる方がいますが、その背景はこういった安定性というものがあるのかなとは思います。たいてい目が¥になってるけどね(-_-;)

ですので

・医者の給料は確かに高いが、個人差がかなりある

・上場一流企業の方のほうが稼いでいることも多い

・お金のことを気にせず、志高いものも多い

・病院も倒産する時代になり、金持ちになるために医者になるのはこれからの時代ナンセンス

・とりあえずすんごく忙しいよ、マジで。月80時間の時間外なんて少ないから。

というところかなと思います。

医療の話になると、投資家の皆様にはつまらない、わかりにくい話にもなってしまうかもしれませんので、この辺でおしまいにしようと思います。かかるお金とかも多いんですが、まあそれはここでは・・・。ちなみに毎年数十万円は学会関連費用として飛んでいきます( ゚Д゚)

長々と失礼いたしました。

たまには医療のことも書いていこうかと思いますが、しばらくは投資の記事に戻りたいと思います。

エヌリンクスもっとたくさん買っておけばよかったし・・・。

ちなみに私の医者としての給料は秘密です、察してください( `ー´)ノ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です