覚醒という言葉があるならそれは今月起きたのかもしれない

1月まではブログをがんばると自分に言い聞かせてやってきましたが、2月に入り本当にブログを更新しなくなりました笑

ある意味自分の中で、「ブログの持つ意味合いはあるけれど、それは自分の中でまず完結できれば良い、時間があれば書けばよい」という風に感じたからだと思います。もちろん投資への感想や意見はすべて自分のノートにまとめるようにしており、それ自体は続けています。

今の私はいまだに医者としての仕事の忙しさがついて回り、先日のオフ会で感化されたこともあり投資に対する意欲が1年前と同じように戻ってきたため、この2週間はブログを書くよりも株探と四季報とtwitterをやっているほうが情報が多く取れ、楽しいという状況になっているためブログはお休み状態にしております・・・w




先々週のオフ会が終わり最初の祝日を子供たちと遊んだりしながら銘柄を研究していくうちに、自分の中で何かがはじけ、昔の感覚を取り戻しつつあることが実感できたため、この1週間は相当銘柄を入れ替えました。不思議とCPを引き下げ、銘柄を一気に多量保有したりしていますが、気分的にはこのまま1か月くらいPFをほっておいて良いくらいの感覚で今週からは投資しています。

本格的な専業みたいな投資は夏になってしまうと思いますし、仕事は忙しく、まだまだ時間はありません。しかし、自分と同じような考え方の素晴らしい投資家たちの考えに触れ、「相場に惑わされ、メンタルがやられていただけで、何ら私の求める投資方法は変える必要はなかったじゃないか」と強く考えて投資方法を改めて確認し投資することにしました。もちろん基準となるものは変わっていると思いますし、これで必ず儲けられるとは思っていません。しかし投資の時間軸・投資方法・自分の投資に取れる時間などを総合的に考えて、相場の良しあしに限らず生き残れるであろう銘柄だけを選び、これで大損しても納得できる、敬意を表すことのできる銘柄だけを取り入れるようにしました。

イナゴといいますか人様から教えていただいた銘柄も、自分で見つけてきた銘柄も含まれていますが、大事なことは

「調べた結果、自分にとって魅力あり投資する価値があると判断した企業には多かれ少なかれ必ず投資をする」

ということを心掛けるようにしました。イナゴか否か、他人が良いか悪いかなど言っているのは関係がありません。テクニカル的には私は右肩上がりのチャートあるいは初動を気にするタイプですので、自分の気になった銘柄に集中投資すること、カタリストを重視すること、出口を考えていくこと、これらを強く意識するようにしました。PEGレシオを重視することも続けていますが、試験的にそれを年率ではなく四半期ごとに見ていく方向へ変えつつあります。これがうまくいくのかどうかはわかりません。

でもね、2年前の自分はこれらをきちんとしていたのだよ

ただ、ここで驚いたのは2年前以上前、この成長株集中投資を始めたときはほとんどこれらのことをしていたのです。つまりいろんな情報や精神的なダメージもあって、本来のことを忘れていただけのように感じています。ノートを見返していても、どうしてこの株をここで売ったのかということも、どうしてこういう株価形成になるだろうと予測したのかなども含めて、かなり良く分析されていて、焦りがないように思えました。

資産額が小さく、大きくリスクを取っていたことも理由に上がるかもしれませんが、やはり根本にあったのは投資への姿勢もさることながら、精神的なものが相当大きかったと思います。

もちろん、先ほども言ったように、このやり方で必ずもうかるとは思っていません。おそらく失敗率は今後もそれなりにあり、特に今後遠くない未来に待っているであろう大暴落の際には間違いなく喰らうことになると思います。しかし、自分の信念に基づき保有株に敬意をもって、共に成長していくことを意識することが私にとっても最も投資をすることの喜びであるとともに、私の投資法であることに改めて気づかされました。

どんな素晴らしい投資家でも絶対に失敗しているはずで、「投資を始めてから損をしたことがない」といっている投資家はご自身でも自覚されていると思いますが、まだまだ二流のはずです。失敗や経験が足かせになることももちろんありますが、経験は最良の教師であるという事実は、自分の仕事からも、今までの人生経験からも、投資経験からも同じことが言えると確信しています。もちろん失敗といっても退場してはいけないわけで、失敗をして退場をすることがないようにしながら、失敗を味方につけていく必要があると思います。

世の中には私なぞ足元にも及ばないほどの素晴らしい投資家がうじゃうじゃいます。特にtwitterの猛者率は高すぎると思います。

そんな人たちに接することができるだけで喜びを感じるようにし、my wayで行くことにしました。株クラのトップランカーになる必要はなく、自分なりの資産拡大を目指していけるようにすることをさらに意識していきたいと思います。

自分の生まれてきた、育ってきた環境に心から感謝したい

こうして少し冷静になれると、いろいろなことを振り返れるようになった気がします。つまり投資のことで迷いがなくなったら、今の病院をやめることが決まっている医者としての自分も、アフリカ旅行を決めた旅人としての自分も、大きく前進できてきたように思います。霧が晴れたような感じなんでしょうかね?

幸いにして私は医者として、開業医の息子として、我が国を代表する誰もが知る会社の取締役の孫として、人様に比べて金銭的にはかなり恵まれた環境で育ってきた上に、母の明るく社交的な性格に助けられ、またそれを一部受け継ぐことができ人間関係にも恵まれてきました。今もそうあると自負しております。また、親の介護という側面から見ても母を亡くして残された父のことで、将来的に金銭的に悩むことはまずないと思われ、それだけでもお金の面では人様よりアドバンテージがあることは間違いないと思うようにしています。この環境に生まれ育ったことへ感謝し、今まで接してくれてきたすべての人に感謝することを忘れずに、投資も仕事も家庭も進んでいこうと思っております。環境も、運も、友人や妻と出会えたことも、すべては運命だと思い、それら運命を引き寄せたことも自分の実力だと開き直って邁進してきていましたし、それが去年出来ていなかったことが様々なことへ悪影響を及ぼしていたのだなと痛感しています。

しばらくは今の仕事環境が続くので、これらのことをしっかり見つめなおし、自分のこれからの10年を考え再出発をすると区切りがつくのは夏になると思いますが、今の時点で投資を通じてここまで思い直せたこと、決意できたことは良かったと思っています。

こう言っていて投資に関しては明日大暴落かもしれませんし、また考えが変わるかもしれません。そんなときは家族の顔でも見ながらよしまた次頑張ろうと思うようにしたいと思います。今ある保有銘柄が全部0になっても、医者としての道は続くし、家族もいれば強く生きていけるはずです。夏の旅行代金はもう払ったし笑

旅人・医者・投資家・家族。この4本の柱がある限り、そうやって強気で、ポジティブに生きていきたい。

ポイ活強化中\(^o^)/

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
http://www.chobirich.com/introduce/?93254

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です