GAテクノロジーズの面談に行ってみた

ちょっと前ですが、GAテクノロジーズ(3491)の面談に行ってきました。10月29日だったかな?

当初は面談はGAテクノロジーズを投資対象として調査しようという意味合いが強かったのですが、不動産業界の現在の状況と、GAテクノロジーズの目指すところ、またこれからの見通しについていろいろ有意義な話を聞けたので、備忘録がてら詳細に残しておこうかと。JHD(2721)への期待値を下げざるを得ないと思えるほどの勢いも感じれたので、しっかり記録しておこうかと思いました。

~そもそもの経緯~

株仲間の皆様の中でもGAテクノロジーズが話題になっていました。社長さんがかなりインパクトのある、大きな野望を持っている方ということもうかがっていました。そんな中、GAテクノロジーズの面談を受けるとAMAZONのギフト券がそれなりにもらえることを知り、「どうせ平日休みならバイトがてら市場調査名目で行ってみようかな、最近全然投資の勉強してないし」ということで面談申し込みをしました。しかもAIを使っているとか・・・( 一一)

もともとGAテクノロジーズのことはもちろん知っていました。IPOしたときから「中古物件に革命を起こす」と言っていましたし、私自身中古物件の不動産売買の経験がありますが、日本ではもっともっと中古物件の売買が増えればいいのにな~と思っていたため、興味があったからです。

~申し込みしたけど・・・~

無料の資料請求をしてみましたが、なかなか電話が来ず・・・。結局3日後くらいだったかな?に電話がきました。

経験的に医者への不動産関連の電話って一般の方よりもはるかに多く、しつこくかかってくるのが実情です。「どうして俺の携帯番号をYOUは知っているんだよ!」と思いたくなるほどどこからともなく漏れているのか、1年間数十件はかかってきます。

そんな中3日間も待たせた会社は珍しいな・・・と思う反面、やる気があるのかないのかよくわかりませんでした。ただ結構混んでるんじゃないか、まだまだ業績もイケイケなんじゃないかと思わせる節はありました。なんと面談する方がいっぱいなので、ご希望の時間に面談できませんと・・・。すげえなそれ。不動産ってそろそろピークじゃないんかい。まあ営業トークだろうけどね(-_-;)

そんなことを思いながら、結局事務方の?女性の方と面談日を決めたうえで、いくつか聞き取り調査がありました。

私は医者だったためか勤め先に関してはほぼまったく聞かれず、年収と医者何年目かということとマイホームやローンのことを聞かれました。ちゃんと嘘は言わずだいたいの額を伝えたうえで、「GAテクノロジーズで不動産買うことも、GAテクノロジーズへ株への投資も考えています!」とわざわざ宣戦布告しておきました笑。これはよかったのか悪かったのかはわかりませんが・・・。

んなこんなで面談へ。面談の場所は恵比寿にある、プライムタワーというGAテクノロジーズの本社のある場所でした。恵比寿から歩いて10分もかからない場所です。私は家が都内なので恵比寿もとても近く気になりませんでしたが、少し遠い方たちがどのように案内されるのかは不明です。

~当日~

まず本社を訪れて思ったことは・・・

おおやっぱりテクノロジーだな!

というところ。なんと恵比寿のオフィス、行ってみると誰もいない・・・。ポツンとタッチパネル式のモニターのようなものが置いてあるだけ・・・。なんじゃい、誰もおらんじゃないか・・・と思いながらそのモニターをみると、

【当社へお越しのお客様へ】みたいなボタンがあり、自分の名前を打ち込み、担当を呼ぶみたいなボタンを押すと「担当者が参ります。しばらくお待ちください。」という画面が出て、そこらへんで待たされます。

おお・・・テクノロジー・・・(*’ω’*)

私のようなとてもアナログな医療の世界に投じているものとしてはこれはいいなあと思って見つめておりましたw

面接する場所もかなりきれいでおしゃれな恵比寿という感じ。ここら辺はまあイケイケなベンチャーという感じで想定範囲内でした。会社の方に許可もらって写真撮ればよかったな・・・。

~そして面談へ・・・Renosyの不動産投資ってどんなもの?

しばらく待っていると受付の女性がいらして(メールや電話のやり取りをした方です)、お水などを出されてもう少し待つように言われました。結局15分くらいは待ったかな・・・。特に気になりませんでしたが、私もともとバックパッカーだったからか自分が人を待たせることに関してはとても気を使うのに対し、私が待たされることに関しては日本人にしては無頓着なので気になりませんw人によっては対応が遅いと思われるかもしれません。

しばらくすると営業のさわやか青年が登場。まあ営業の子って感じな男の方でした。

あいさつしたのちに私の年収や資産状況などを改めて確認され、話がはじまりました。

説明されたのは以下のことたち。

①GAテクノロジーズという会社について

まず会社の説明をされました。以前からリサーチしていた私には知っている内容がほとんどでした。

テクノロジーを使って不動産業界を変えたいという野望やビジネスモデルにつて説明。要するにAIを含めたテクノロジーの力を使って人件費を削ることができているという話でした。特に営業の方の少なさはかなり異常なようです。実態はよく分かりませんが、確かに人件費を削ることに関してはかなり優位性をもっているし、またAIの力に自信を持っているようです。

実際AIが選別した物件しか仕入れにはいかず、場所・価格・築年数でピックアップしたワンルームを顧客に提供しているようです。そのシステムの名前をRenosyと呼んでいるようです。

②どうして今、ワンルームマンションなのか?

そのあとで、どうしてワンルームなのかという話に。この辺りは自分はワンルームマンションの規制なども知っていたので話はすんなり入りました。1棟売りの時代はこのまま衰退していくだろうと見越しているようで、ワンルームに特化して進めていくという方針も納得です。まだまだワンルーム中古投資はおいしいのだよという話。

③物件の紹介

ピックアップしているワンルームマンションが実際に3つ

良ければすぐ買いませんか?売れてしまってもうご紹介できなくなってしまうので!とプッシュはされましたが、考えた末買わないことにしましたw

④出口戦略について

これは自分から聞いたこともありますが、どのような出口戦略を考えているのかということを聞きました。もちろんそれは会社としてもという意味ではありますが。

結論から言うと、一生涯持っていただく必要はないが、10年~20年程度は持つという長年持っていただくことがメリットとしては大きいということで考えているようです。かといって、現在のマンションは50年以上使えるということは聞いていますので、その時点でかなり安くなるといっても売れるということなのだと思います。といっても、「少なくともワンルームならそこまでの価格低下はないと今は判断している」という見通しなようなです。まああくまで会社側の言い分ですが、それだけ立地にはこだわって物件は選んでいるという自信の表れなのかもしれません。

ちなみに面談後の営業の電話とかもさらっとしていて、とても好意的にうつりました。うるさいですからね大体不動産の営業って・・・。それも作戦かもしれないけどw

~話聞いたときに、ついでに聞いた話やその印象~

・対応してくれた社員は、会社創設時からいたメンバーとのこと。そのころほぼ新人として入り、むっちゃ鍛えてもらったとのことで社長のいいところ悪いところをすらすら述べてくれた。

・会社はイケイケ、まだまだ伸びると社員も社長も信じている。勢いがすごい。

・「絶対に東証1部には行きます」と断言。

・社員の目は輝いていた。とにかく社員のことを考える社長だ。

・営業や事務などの人の少なさには確かに驚いた。

・今月から?福岡の支社もスタートさせるとのことで、大都市圏はほぼマークする様子。

以上の結論から、GAテクノロジーズはかなり期待の持てる会社なのではないかと思いました。まだIPOしてからそこまで時間がたっていないですし、成長性はとても期待できますし、東証一部を絶対に目指しますと明言されていました。なにより社員が生き生きして、「むっちゃ怒られるけど、社長のこと嫌いな奴はいない」というリーダーシップはかなり好意的な印象を受けました。

と同時にJHDの目指す不動産テックとは方向性は違うものの、GAテクノロジーズの方が一歩リードしていそうということが明確に感じることができ、期待値が大幅に下がったことからJHDのかなりの損切に踏み切りました。不動産テックではなく、フィンテックでの期待値が残されているのでその分を残して撤退しているという印象ですかね。正直売ったタイミングとしてはあまりよくありませんでしたが、疑問が生じたら即行動しないと痛い目に合うことが多いので仕方ありませんでした。逆を言えば、GAテクノロジーズの話を聞いてそれだけ優位性を感じたということですが・・・。

いずれにせよ、不動産投資もGAテクノロジーズへの株式投資もどちらもかなり魅力的かなという結論でした。

ご興味があれば面談行ってみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です