CIS本を読んでみて

投資家の皆様なら読まれている方も多いと思われますが、CIS本について自分の感想をまとめておくことにします。


投資家の皆様に話題のこの本。読み物として面白いとの評判を職場でも、株仲間でも、なんと親族までも読んでいるものがいて、とても気になっておりましたw

読んでみると、確かにほかの投資家の方がおっしゃっていたのですが、「真似はできない」「本当にこの方はすごいということがわかる。でも何がすごいのかよくわからない」ということがよくわかりました。




投資の姿勢もそうですが、文書の書き方というのでしょうか、なんとなく自由に書かれて思いついたことを記載されているという印象も受けました。頭の回転が速い方なのかなあともおもってみたり。まあそりゃあ頭の良い方ですよねぜったい。そうだからこそこれだけの資産を株式で増やしたのでしょうから。

意外だったのは、空売りしないということでした。売りが嫌いと書かれていたかな?ちょっとニュアンスが違ったらごめんなさい、でも基本的には買いでしかやらないのはすごいなあと思ったと同時に、自分もあまり気にせず買いだけでやっていこうかなという気にもなりました。

ゲーマーっていう風にご自身を表現されていますが、俺もゲーマーですよ!っていう億トレの方は割といらっしゃるんですかね?私のお会いした資産大きい方は皆さんそう言ってるような・・・

テクニカルで入ることや、長期投資をやらないことも含めて、1つの読み物としてとても勉強になること、不動産意味ないとか言えちゃうのすごいな~とおもいますw

いろんな投資家がいて、いろんな勝ち方があるんだなあと思いましたが、やはり私にもこのやり方は真似できないし、真似できないからこそ投資家の世界でも一目置かれるすごい存在などなんだろうなあ・・・

ギャンブラーだし、今までの経緯もすごいです。

私も10代で世界放浪しているという人様から見れば不思議な経歴を持っていますが、駄菓子屋のエピソードなどをうかがうとやはり幼少期から違うのかな~とも思いました。5歳くらいで世界一周してたら面白かったのかな(*’ω’*)

ぜひ、投資家の皆様はもちろん、職種に問わず、読み物として面白いのでぜひ一読されることをお勧めします。

しかしオッス、オラ損五億!には笑いましたwww

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です