JIAホルダーとして航空機投資の本を読んでみた


無敵のグローバル資産 「航空機投資」完全ガイド

JIA(ジャパンインベストメントアドバイザー 7172)に投資しているものとしてぜひ読みたいと思っていた本がありました。それがこれです。

どなたかのツィートでみかけたものを心の中にとどめておき、実際購入→読むことができました。

結論から言うと、「航空機投資も面白いけど、この本が単純に読み物として面白かった」です!

そして航空機リース(航空機投資)のことがとても分かりやすく書かれていて、自分の勘違いや知識不足もよく理解できました。そんな風になっているのか・・・ということもかかれていたり・・・。

まとめると

・なぜ航空機投資なのか

・今後も航空機需要は継続して拡大すること

・LCCの仕組みや今後の拡大について

・航空機投資というのは航空会社の業績とは関連のない(薄い)ものであり、安定したCFが期待できる理由

・動産であるという考え方

・とはいえ、航空機投資は個人でやったりすることはできず、それを熟知したものがやる必要があること

・航空機投資に重要な要素

・航空会社というのがなぜ業績が上下するのかその理由

といったことが書かれています。少なくともJIAやFPGを投資している方にとってはぜひ読んでいただきたい本でした。比率としてはおおきくないかもしれませんが、オリックスとかもかな?もちろんご存知の方は十分だと思いますが、私自身特にパーツアウトコンバージョンについてはよくわかっていなかったこともあり、それを含めた一連の流れとしての航空機投資をまとめていただいていたので知識の整理になりました!知らないこともいっぱいだったし・・・

個人的にはパイロットの裏話や、なぜ日本の国内線には日本の航空会社しかいないのかといったはみだしコラム?のようなものも面白く、読み物としてとても興味深いものでした。親族にパイロットがいますが、本当にその裏話は本当なの??と聞いてみたくなったこともありました(-_-;)

純粋な感想としては、なるほどーオペレーティングリースは急成長をする成長株投資にもってこいのものだとおもっていましたが、実は安定成長をできる投資法なのだと少し考え方が変わりました。正直、JIAやFPGといったこれらの航空機リースを主力とした銘柄は今後不景気になれば成長鈍化するかもしれませんが、長期投資すべき銘柄なのかなとも思いました。

航空機投資そのものはどれくらいの金額の投資額があればいいのか具体的にはよくわかりませんが、安定的なものを目指すにはとても面白そうですし、私自身不動産もつより航空機投資のほうが良いのかなとも思いました。私旅人だけあって飛行機大好きなので(*’ω’*)

億トレーダーになったら考えるか@w@

あと、パーツアウトコンバージョンはハイリスクハイリターンということはとてもよくわかりました。正直これに関しては白岩社長をはじめ、JIAの社員の皆様にがんばっていただくしかないのではないかと思います。世の中の流れを読むというビジネスセンス?といったものが必要そうですし。

飛行機好きな方も投資というかお金の動きについて知れるので楽しいのでは?私は親族のパイロットへの質問が増えました笑

というわけでこの本を読んだ結果、JIAへの投資目標額や保有に関しての疑問や方針変更はありませんでした。

懸念が原油価格や景気(や金利)という考え方は変わらずですが、むしろ長期投資先としてのJIA・FPGはありかなとさえ思えました。

目標株価に変更ありません。

以上個人の感想です。

航空機リースに関与する会社に投資している方や、航空機投資に関してご興味のある方はぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です