旅~travel~

アフリカに子連れでいくことにした⑤~現地ツアー会社にお願いしてみた~

投稿日:

アフリカ旅行記:出発前編。

どこかで必ず1回まとめようと思っています。読みにくかったらごめんなさい・・・。




アフリカに子連れでいくことにした①

アフリカに子連れで行くことにした②~子連れでケニア・タンザニア~

アフリカに子連れでいくことにした③~ツアーで行くか、個人で手配するか?~

アフリカに子連れでいくことにした④~どこを経由するか?~

 

はてさてルートも場所も決まりました。UAE・ケニア・タンザニア周遊旅行。子供たちの夏休みも考えてなんとなく日程も決めました。なのでホテルを選んだり、飛行機の時間などの具体的なものも決めていこうということになりました。基本自ら手配することにしましたが、細かく見ていくと・・・。

 

①日本→ドバイ経由→ナイロビ、ナイロビとザンジバルの往復、ナイロビ→ドバイ→日本 の飛行機はexpediaとかで用意して予約する。(後述)

②ナイロビからサファリのツアーは現地の会社に申し込む

③ザンジバルとナイロビ、帰りによるドバイのホテルは自分でexpediaとかで予約する

 

この3つに大きく分けて考えることにしました。一番しっかり考えなくてはいけないのは②のサファリツアーの日程並びにその内容だと思いました!

 

現地の旅行会社に手配を直接依頼した

なんで現地の会社にお願いしようと思ったかというと、いわゆるJTBだとかHISのような大手の旅行会社も、結局は直接自分の会社で準備したりするわけではなく、その下請けとなるような現地の会社に委託しているのが現状です。なので、アフリカに限らず、現地のどんな会社かわからないところに手配している大手の会社に申し込むくらいなら、自分で探して有名なあるいは信頼できる会社にお願いしたり、現地の駐在員を実際に持っていて手配力のあるような特別な会社にお願いする方がよいと思っています。

アフリカ旅をしたことがあるアイジュからみて、アフリカに強い会社といえば・・・まずは道祖神

 


 

昔ヨハネスブルグでここの駐在員の方とご飯食べたこともあるので、よく覚えていました。なのでこの道祖神からちょっと探ってみようと思ってみていましたが、現地の発着ではなくて、完全に日本発着のツアーが主流の様子でした。

なので、もう少し調べてみたところ、この道祖神ともやりとりがある、現地発着のツアーを持つDODOWORLDという会社を発見。早速メールしてみることに。

 


これがDODOWORLDのロゴらしい

 

「こんちゃーアイジュです。子連れでアフリカ旅したいっす。ヌーとライオン観たいっす。」みたいなノリで問い合わせてみると・・・。

 

すっごい親切丁寧(*’ω’*)

 

実際のやり取りはお見せできませんが、HPに乗っていない提案や、「ここのホテルはガイドブックでも推奨されていますが、こういうところはよいですが、実際は違うホテルの方がたくさん動物は見れます」とか「お子様が小さいとのことで日本語ガイドが必要であれば、お金は○○$です」といったこともすらすら教えてくれました。

 

これは俄然信頼できると旅人としての直感がありましたので、マサイマラ国立公園のツアーをDODOWORLDさんにて申し込むことにしました。

実際この会社の対応が良かったかどうかは旅行後に決めようと思いますが、応対の良さなどを考えると期待しています(*’ω’*)。

 

 

結局マサイマラ3泊してサファリを堪能することに

んでこの会社と相談した結果、マサイマラに3泊4日するツアーを組んでもらうことにしました!子供たち用のオプションとして気球に乗ることも考えたのですが、子供が小さくてNGと断れてしまったのは残念でしたが、ゲーム(ジープに乗って動物を探しに行くこと)の回数が多い宿泊施設を選んでいただいたので、満足できそうな予感!

お金は結局、4人でナイロビからの飛行機代・ホテル代・サファリドライブ付き・食事付きで約100万円くらいでした。

うーん4人だと金かかるね( ;∀;)

 

ただ、今回の旅の主目的であるサファリが大方決まったことで、かなりイメージがつくように!このサファリツアーを中心に日程や行程を組むことにしました!

expediaでのホテルの決めた話は明日に。expediaだけでなく、どんな点に気にしてホテル探ししてるかについてもちょっと話していければいいなあと思っています。

記事2つに分けたりしていくかもしれません。

 

宿がどことかいう話は、実際に現地からお届けします(*’ω’*)

 

この方、旅人としてマジ尊敬

-旅~travel~
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

野望~ある旅人の独り言~

ふと旅行人を手に取って読んでみた自分がいた。 今のバックパッカーの方々や旅好きの方はあまりご存じないかもしれないが、当時の旅行人といえばバックパッカーならだれでもその存在を知り、特にチベットのガイドブ …

世界一周のために必要なこと④言葉

現在昼休み。おなかもいっぱいになって眠たくなってきましたが・・・。   お昼に豆カレーを食べていてインドやバングラデシュで食べたカレーを思い出してしまいました。そんなときどんなカレーがいいか …

世界一周のために必要なこと⑧?ーざっくりした必要資金ー

完全に独り言というか、豪華な世界一周したらこんなくらいかかるだろうな~という妄想です・・・。   豪華な旅行してみたいわ~!!!       すべて2人分 1年 …

アフリカに子連れでいくことにした⑥~ホテルと飛行機も全部決めて~

アフリカ旅行記:出発前編。 大体日程がつめられてきました。具体的なホテル名などは、実際に現地についたり旅が終わってからお話ししたいと思っています。お許しを。ホテルや飛行機について簡単にまとめています。 …

m3.comで5回目の連載掲載していただきました

私が先月からさせていただいている、m3.comさんでの連載「人生で必要なことはすべて旅が教えてくれた」の5回目が掲載されました。 医師会員でない方は申し訳ございません、週明けまでには記事をこちらのブロ …

 




 

 旅人、元バックパッカー。内科医。18歳の時に約10か月ほどかけて世界一周を経験。西回りに世界を駆け巡り、その後も休みがあれば旅を続け、今まで訪れた国はだいたい60か国くらい。旅で出会った日本人女性と結婚し、妻と子供2人の4人家族。

今まで1人旅・カップル旅を経て、家族旅行するようになっても世界中のどこへでも行く旅好き家族に。

「子供がいるからそこへは行けない」ということがないわけではないけれど、子供たちのためにも、子供たちのためになるのであれば、どこへでも行きたい、世界一周旅行でも行きたいと妄想し続けるアラフォー。まずの目標は「50歳でもう一度妻と世界一周する」。

夢は、世界のすべてをこの目でみること・世界の広さや美しさを子供に、そして世界に広めること。

今の充実した生活の原点を作り出したのが自分にとっては旅だった。見るものすべてが新しかったあの旅の感動は忘れられない。

 

2020年末をめどにアジア某国に家族で移住予定。旅の話とともに、移住の話もお伝えしていこうと思います。

子連れ旅行のことを中心に、役に立てたらうれしくおもいます。

 

Instagram:アイジュ




2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031